人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

夷守岳・栗野岳

霧島一帯でまだ登ったことがない山は夷守岳(ひなもりだけ、1,344m)と栗野岳(1,094m)です。

今月、この2つの山に登ってきました。

夷守岳(宮崎県小林市、10月2日)
生駒高原のコスモスは毎年全国ニュースで報道されるほど有名ですが、ここのコスモスが美しいのは霧島で一番北にある夷守岳を借景にしているからです。生駒富士とも呼ばれます。
e0207997_22115616.jpg

生駒高原のりんご園から林道に入り、10分ほど走ると夷守岳の登山口がありました。
e0207997_221222100.jpg

新燃岳の火山活動がおさまらないので、いまだにロープが張ってあって登山禁止とポスターがぶらさがっています。しかしここは新燃岳から3キロ以上あって、登山規制区域ではないはずです。すでに何組か登っているようなので、構わず登り始めました。登山口から頂上までの標高差は760メートルあって、ところどころに写真のような標識があり、どこまで登ったかが分かります。
e0207997_22154192.jpg

登山道はかなり急勾配でひたすら上っていきます。展望がきく場所は途中に1個所しかなく、スギ・ヒノキの人工林やナラ、モミ、ツガなどの深い林の中ばかりで登っていても感動するものがありません。えっちらおっちら約2時間かかって頂上に着きました。一角だけが木がなく、他の登山者に聞くと、晴れていれば新燃岳が見えるらしいのですが、ガスがかかって何も見えませんでした。全く面白くない山だなと思いました。頂上にリンドウが咲いていたのだけが慰みです。
e0207997_22215596.jpg

20分ほどいて早々に引き上げましたが、下りは滑りやすく3回も転びました。最近は山の下りがめっぽう弱くなってきました。下りも2時間ほどかかり、筋肉痛が3日ほど続きました。
 生駒高原から見るととても魅力的なのですが、登ってみると霧島ではもっとも面白味のない山でした。

栗野岳(鹿児島県湧水町、10月16日)
栗野岳は霧島の本筋からは離れていますが、霧島ではもっとも古い火山です。西郷隆盛が犬を連れて狩猟を楽しんだことで知られています。鹿児島に向かう九州自動車道の栗野インターで降りて、栗野岳温泉の方向に行くと、温泉を過ぎて少し行ったところに登山口があります。登山道は緩やかな勾配で、カエデが多い林は気持ちよく、楽しみながら歩けました。霧島一帯ではここの紅葉が一番きれいだそうです。45分ほどで見晴らし台に出ました。韓国岳や白鳥山がよく見えます。大霧地熱発電所も見えました。
e0207997_22363987.jpg

ここから頂上までは15分ほどで、頂上からも霧島の山々がよく見えました。ここから別のルートで降りれば途中の展望台で錦江湾が見えるらしいのですが、妻が下山して車道を歩くのはいやだというので、同じ道を下山しました。途中から左に折れて、枕木階段を下りました。看板には日本一の枕木階段で555段あるという看板がありると書いてあります。
e0207997_22425595.jpg

駐車場から少しくだったところに栗野岳温泉・南州館があります。西郷隆盛が狩りのあとでここの湯に浸かったので旅館には南州館という名前がついています。霧島の数ある温泉の中でも秘湯と言っていい温泉です。日本秘湯を守る会という看板もあります。
e0207997_2246612.jpg

ここには硫黄湯、ミョウバン湯、蒸し風呂の3つがあって、一つだけ入ると300円、3つ全部入ると600円です。風呂巡りをするときは1回1回着替えていかなければならないのですが、それぞれ趣が異なるので、面白い温泉です。
e0207997_22502929.jpg

特に、蒸し風呂は写真のように高さが130cmくらいしかない小さい戸を開けて入ると、中は真っ暗で最初は人がいるのかどうかも分かりません。熱い蒸し風呂とぬるめの蒸し風呂がありますが、熱い方は入ってすぐはひどく熱く感じますが、すぐに慣れてきます。町にあるサウナよりよっぽど快適です。
 霧島ではもっともお薦めの温泉です。機会があったらぜひ行ってみてください。
[PR]
by tochimembow | 2011-10-16 22:57 | 日本の自然
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31