人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

早春の宮崎

今年の冬の寒さは格別で、南国・宮崎も例外ではありません。宮崎市で最低気温が氷点下になるのは毎年2,3日だけですが、この冬はすでに9日となっています。そのため梅の開花もずいぶん遅れていますが、それでも春の訪れを少しずつ感じるこの頃です。


『青島自然休養村・好隣梅』
好隣梅には約1,000本の梅の木があります。ここはいつもだと2月10日前後に梅が満開となりますが、今年は2月11日に行って全く咲いていませんでした。2月17日にもう一度行ったところ半分ほどの木で梅が5分咲くらいに咲いていました。
e0207997_1712943.jpg

e0207997_22514298.jpg

e0207997_1717384.jpg


梅林全体が満開とは生きませんが、近くに寄ってみれば美しいものです。
e0207997_2252485.jpg

ここはちょっとしたハイキングを楽しむことができます。梅林入口から500段ほどある階段を上ると、展望台(標高339メートル)があり、そこから宮崎市全体や青島がよく見えます。
 街の向こうには若山牧水が歌を詠んだ尾鈴山が見えます。
e0207997_22582445.jpg

e0207997_23234028.jpg


道路を挟んで好隣梅の反対側には渓流がありますが、6月はホタルが乱舞するそうです。
e0207997_17154085.jpg

(2012/2/17と2/24)

『日南市・北郷・合歓のはな』
1月の終わりに日南市・北郷にある「合歓(ねむ)のはな」という宿に泊まりました。離れ作りの一戸建ての部屋が10棟あり、それぞれに露天風呂がついています。
e0207997_2382759.jpg

このすぐ近くに森林セラピー基地・猪八重渓谷があります。
e0207997_2373154.jpg

宮崎でも知る人が少ない隠れ家的な宿です。
案内は http://www.nemunohana.jp/

『日南市・坂元棚田』
翌日、そこから坂元地区にある棚田を見に行きました。
e0207997_2395884.jpg

日本の棚田100選に選ばれたところです。作物が植わって、青々としてきたらきれいでしょう。

ユーモラスなかかしが立っていました。
e0207997_23111577.jpg


稲田になっている頃の坂元棚田です。(H25年8月)
e0207997_1764163.jpg

e0207997_1765860.jpg

(2012/1/29)
[PR]
by tochimembow | 2012-02-24 18:40 | 日本の自然
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31