人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

椎葉・龍神館を訪ねて

椎葉の民宿・龍神館のオーナー椎葉英生さんが亡くなったことは前に書きましたが、それから2年、今は奥さんの喜久子さんが一人で民宿を切り盛りしています。久しぶりに喜久子さんとおしゃべりしながらおいしい食事を食べ、椎葉の紅葉も見ようと、出かけていきました。

行きは西都からひむか神話街道を走ることにしましたが、西都から南郷までの区間がとにかくカーブの連続で、緊張しどうしのドライブです。南郷の鬼神野溶岩渓谷は紅葉が見事でした。
e0207997_21593275.jpg
e0207997_2159488.jpg

南郷から椎葉までの山道はそれほど苦になりません。椎葉村に入って椎葉湖(椎葉ダム)東岸に沿って走ります。
e0207997_223231.jpg

ダムから約10分で龍神館が見えてきます。
e0207997_18502770.jpg

この日の客は我々二人だけでした。前の日は6人泊まったそうです。囲炉裏の部屋で食事ですが、ここの食事は有名で、何と16~17品も出てきます。肉は鹿とイノシシ、魚はヤマメとイワナですが、野菜やキノコの多いこと。
e0207997_22111618.jpg
イノシシそばや囲炉裏の火であぶったヤマメがおいしい。料理が多くて、いつも完食したことがありません。喜久子さんは熊蜂を漬けた焼酎やマムシを漬けた焼酎も持ってきました。熊蜂は生きたままでビンに入れないとだめだそうで、なかなか難しそうです。マムシ焼酎は、以前マムシが英生さんにかみついたことがあり、英生さんは後日そのマムシを捕まえてマムシ焼酎にしたそうです。マムシ酒の作り方は、まずビンの中に7分くらい水を入れておいて、そこに生きたマムシを入れ、何度も水を取り替え、老廃物を捨て、蛇を洗います(空気は通るようにしておく)。その状態でマムシは1年くらいは生きるそうです。水を取り替えるとき、マムシに噛まれることがあるので、よっぽど気をつけなければなりません。マムシの汚れが落ちたら焼酎を入れて、ビンに栓をするとマムシは死に、1年くらいすると飲めるようになります。英生さんがマムシ焼酎を造ったのは、6年以上前ですが、ビンの中のマムシは今でも生きているように見えます。あまりにマムシがリアルで、尻込みして飲むのはやめました。マムシ酒は精力はつくけど、ほんの短時間しか効かないそうです。熊蜂酒はビンの1/3くらいまで蜂がぎっしり入っています。飲んでも普通の焼酎の味がするだけでした。しかし、その焼酎のせいか、夜身体がぽかぽかして熱いくらいでした。

翌朝見た、龍神館の前の紅葉です。
e0207997_2237551.jpg

龍神館の看板ネコのゴマ団子(通称ゴマ)です。
e0207997_2246354.jpg

朝食を食べながらまた喜久子さんとおしゃべりして、9時過ぎに龍神館をあとにしました。
朝の椎葉湖が美しく光っていました。
e0207997_22413853.jpg

(2014.11.23~24)
[PR]
by tochimembow | 2014-11-24 22:41 | 日本の自然
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31