人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

霧島・大浪池のマンサクの花

霧島の大浪池端でマンサクの花が咲いているという情報がネットに出て、「それ」と出かけました。
 9時40分頃に大浪池登山口駐車場に着きましたが、予想どおり全部塞がっていて、仕方なく少し下って路肩に止めて歩き始めました。山の頂上を目指すわけでなく、池に行くだけなのですが、これが結構な登り坂。麓の方はすでに新緑が見られますが、上に行くにつれて冬枯れの木ばかりになります。
e0207997_22554114.jpg
約40分で池に出ました。マンサクが咲いているのは池の東側というのは下調べでわかっていたので、東回りに歩くと、大きな岩の上の展望台に出て、そこで中高年の人達を案内している人がいたので、「マンサクはどこにあるのですか?」と聞くと、「ほれ、そことそこにありますよ」と言われ、派手ではないけど黄色の花をつけたマンサクの木が2本ありました。
e0207997_22582881.jpg

 背景に見えるのは新湯近くの烏帽子岳のようです。
e0207997_22591738.jpg

そこから池の周りを歩いて行くと5,6本のマンサクがありました。
e0207997_2302627.jpg

池の周りの木々はまだ葉をつけていません。
e0207997_2363998.jpg

この日はかなりの人が来ていましたが、マンサク目当ての人は多くはないようです。韓国岳登山口の避難小屋近くでは多くの人が弁当を食べていました。昨年11月、ここから地獄の木階段を歩いて、韓国岳を往復しましたが、あのときの膝の痛みを思い出します。避難小屋からは山道がぬかるんで、歩きにくく、難儀しました。
 大浪池は周囲4キロですが、アップダウンがあるので一周するのに1時間半から2時間かかります。一周しないのであれば、西側より、東側が展望もよくお勧めです。
 帰りの道すがら、みやま荘で温泉に入って、ゆっくりしようと思ったら、何と廃業。ここの露天風呂は湯の花がたくさん浮いていて好きだったのに。それならもう少し下にある霧島ハイツの温泉に入ってみようかと行ったら、ここも廃業。やはり新燃岳の噴火で客足が途絶えたのがこたえたのでしょうか。仕方なく高原の極楽温泉まで車を走らせて、ここでのんびりしました。
 帰路、都城の日豊線の踏切をわたるとき線路沿いの菜の花がきれいだったので1枚。
e0207997_23145044.jpg

 霧島に来るのもあと何回だろうか。(2015.3.21)
[PR]
by tochimembow | 2015-03-21 23:15 | 日本の自然
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31