人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

ロッキーマウンテン国立公園(コロラド)を歩く

オハイオに住むJohn & Charlette夫妻とはほぼ3年に1回一緒に旅をしています。今回はコロラドのロッキーマウンテン国立公園を歩くことにしました。Johnは80歳を超えていて、山道はきつそうなので、平坦な道のウォーキングコースを探しました。

8月18日、デンバー空港で落ち合って、その日は空港近くのホテルに泊まり、翌日からJohnがレンタカーを運転して国立公園内をドライブしました。

8月19日(土)
1日目は公園のスカイラインにあたるTrail Ridge Roadを走ってロッキー山脈の高い山並みを眺めました。

道路の最高地点は標高3,713メートルで、ビジターセンターが近くにあり、富士山頂よりやや低い地点まで車で行くことができます。
e0207997_07391668.jpg
そこから歩いて約100メートル上の展望台まで登りましたが、車で一気に上ったためか、登っているうちに軽い高山病のような気分になりました。Johnはあの階段はごめんだとビジターセンターで小休止です。
e0207997_07432542.jpg
頂上からの眺めは雄大で、360度見渡すことができます。8月終わりですが、雪渓が残っています。7月であればもっと雪を見ることができるでしょう。
e0207997_07505225.jpg
この日はコロラドスプリングスに住むJohnの息子Ken夫妻も来たので、Estes Parkのレストランでディナーでした。私はバイソン(バッファロー)のステーキを頂きました。夜は4人でEstes Parkにあるキャビンに泊まって、いつものようにおしゃべりです。この日の主な話題はトランプ大統領でした。彼らはトランプは1年持たないだろうと言っています。この国立公園内には宿泊施設を作ることができず、Estes Parkのホテルやロッジに泊まらなければなりません。そのためEstes Parkは大きなリゾート地となっています。

8月20日(日)
翌日は日曜日ですが、ビジターセンター職員の話では、学校が始まる前の最後のウィークエンドのため相当な人が来て、公園の中心であるBear Lakeは車を駐められないだろうから、車で行くなら6時半頃に行くか、あるいはシャトルバスを使いなさいと言われました。少し遠いがWild Basin地区の方が空いているだろうからそこに行くのも一案だと勧められました。この国立公園は何カ所かPark & Ride(自家用車を駐車してシャトルバスに乗り換える場所)があり、シャトルバスは無料で、15分間隔で出ますからとても便利です。

Wild Basin AreaはEstes Parkから7号線を南に約20分下って、未舗装の道路を約4km行くと、ハイキングコースの起点に駐車場があります。駐車場はかなり混んでいましたが、何とか車を駐めることができました。イージーハイキングとして3つの滝巡りをすることにしました。駐車場から500メートルほど歩くと、Copeland Fallsに出ました。

e0207997_12013580.jpg
日本では滝はありふれているので、そんなに感動はありません。Charletteは"very beautiful"と喜んでいます。そこから2.5キロほど行くとCalypso Cascadesという滝があります。

e0207997_12131410.jpg
このあたりでJohnがへばっているようなので、引き返そうかと言ったら「まだ大丈夫」というので、さらにOuzel Fallsまで進みました。
e0207997_12181426.jpg
正直、日本にはもっと見応えのある滝がたくさんあります。ここまで4.5キロ歩いていますから、往復9キロ以上となります。高度差は230メートルしかありませんが、80歳を超えるJohnには辛いハイキングだったでしょう。

夜はスパゲティミートボールを作って夕食、その後おしゃべりに花を咲かせました。

8月21日(月)
アメリカに来る前、JohnとCharletteとSkypeで話しているとき、8月21日はeclipseだぞと興奮しながら言っていました。eclipseがよく聞き取れず、それは何かと聞いたら太陽と地球の間に月が入って、太陽が隠れという意味のことを言っているらしく、日食のことかと察しがつきました。アメリカに来てみたら皆既日食が見られると大騒ぎです。100%の日食が見られるのはワイオミングなどアメリカ北部で、100万人以上が日食観測で北へ移動したそうです。コロラドでも90%の日食になるのでJohnは我々のために日食観測メガネを買ってくれ、この日10時頃にEstes Parkの公園に行き待機していました。
e0207997_13433877.jpg
ピークは11時40分頃です。それまでよく晴れていた空が11時を過ぎると雲が出てきて、日食が始まるとともに太陽が隠れ始めました。雲のせいだけではなく、あたりが暗くなり、気温が下がってきました。時々雲の切れ間から欠けた太陽が現れ、そのたびに大拍手です。太陽って意外と小さいものですね。
e0207997_13483610.jpg
日食のあと、ハイキングです。この日はBear Lakeを起点に、4つの湖を回る計画です。Bear Lakeに向かっていたら、Bear Lake駐車場は満杯だから、シャトルバスを使いなさいという標識があったので、Park & Rideに車を駐めて、シャトルバスでBear Lakeに着きました。実際は数台分駐車スペースがありましたが。

駐車場のすぐそばがBear Lakeです。
e0207997_13495769.jpg
湖の向こうにHalett Peak (3,877メートル)が見えます。そこから1.8キロ歩いてNymph Lakeに着きました。
e0207997_13532639.jpg
小さな湖ですが、蓮の花が咲いていて、日本的な感じがします。
e0207997_13543129.jpg
Nymph Lakeを見下ろす岩の上に立つ我々です。さらに進んで、Dream Lakeに着きました。ここまで来ると山がかなり迫ってきます。
e0207997_13585951.jpg
もうこの辺で引き返そうかと言いましたが、Johnは「まだ大丈夫」というので、Emerald Lakeまで進みました。ちょっと歩いては小休止を繰り返しながら、ついにEmerald Lakeに着きました。Bear Lake駐車場からここまで片道3キロ、605メートル登ったことになります。
e0207997_14033349.jpg
往復6キロですから、さすがに私もくたびれました。滝は日本でもよく見るので、日本人にとってロッキー山脈は滝より美しい湖の方がいいのではないでしょうか。

途中でエルク(鹿の一種)やチップマンク(リスの仲間)に出会いました。リスやチップマンクはやたら出没して、人に寄ってきます。
e0207997_14145470.jpg
夜はスーパーで買ったハーブで味付けしたポークを焼いて夕食としました。日本ではこんなに美味しく味付けしたポークは売っていません。

8月22日(火)
ロッキー最後の日はビジターセンターのガイドがお勧めのSprague Lakeに行きました。
e0207997_14082589.jpg
Estes Parkに近い湖ですが、結構広くて、美しく、私は今回めぐった湖の中では最も気に入りました。湖水に映る山や雲がきれいでした。
e0207997_14130885.jpg
その後、デンバーに向かい、空港近くのホテルに泊まり、翌朝我々は日本への帰途につきました。この4日間に45,000歩歩きました。Johnはずっと運転もし、さぞかし疲れたでしょう。

再会した当初は彼らの英語がうまく聞き取れませんでしたが、4日間生活を共にするとだんだんわかるようになりました。耳が慣れてきたこともありますが、彼らが、我々が聞き取れるようにゆっくり話すよう努めてくれたこともあります。

カナディアンロッキーとコロラドロッキー
私はカナディアンロッキーに2回、コロラドのロッキーに2回行きましたが、どちらがいいかというと、カナディアンロッキーの方が好きです。カナディアンロッキーはスケールが大きく、美しい湖が多く、コロンビア大氷原など氷河の上を歩くこともでき、変化に富んでいます。広さはカナディアンロッキーの方が数倍あります。絵になる景色もカナディアンロッキーの方がたくさんあります。バンフ、ジャスパー、ヨーホー、クートニーと4つの国立公園があり、それぞれ特色があります。もし、どちらにしようかと迷っていたらカナディアンロッキーをお勧めします。一生忘れられない想い出になるでしょう。滞在日数が少ない場合は、コロラドロッキーがコンパクトでいいでしょう。どちらに行っても、美しい景色を堪能することができます。


資料のダウンロード
ロッキー国立公園全体の地図 https://www.nps.gov/romo/planyourvisit/maps.htm
Bear Lake付近のガイド https://www.nps.gov/romo/planyourvisit/upload/Trail-Guides-Bear-Lake-Summer-Trails-Guide-2016-Digital.pdf
Wild Basin Areaのガイド https://www.nps.gov/romo/planyourvisit/upload/Trail-Guides-Wild-Basin-Summer-2016-digital.pdf




[PR]
by tochimembow | 2017-08-25 07:58 | アメリカの旅
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31