人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:定年後NZで暮らすヒント( 2 )

定年後、海外生活の勧め

定年後、何をしようかと考えている方は多いと思いますので私の経験から海外で暮らすのも一つのプランだということでお話しします。

私はかなり前から定年後に1年か2年間は海外で暮らしてみたいという気持ちがあり、行くならニュージーランドだと考えてはいましたが、本気でニュージーランドのことを調べたり、行く計画を建てたりはしていませんでした。退職してみると家庭の事情その他で実際に海外に行くのはかなり難しいと考えられました。退職から4ヶ月たった8月の終わり頃、妻が私の気持ちを察して半年くらいなら母の面倒を見ると言ってくれたこともあり「よし、滞在を半年に縮めて、ニュージーランドへ行こう」と決めました。ニュージーランドに決めた理由は前に書いた(「なぜニュージーランドへ」)とおりです。ニュージーランド住んだことがある人からあちこち回るならクライストチャーチを拠点にするのがいいと言われていたので、クライストチャーチに住むことにしました。それから住まいやレンタカーをインターネットで調べ、旅行会社に航空運賃の見積もりを依頼しました。住まいと車は2,3日で見つかりました。日本からニュージーランドの銀行口座を開設できることを知り、その手続きをしました。ほぼ1週間で、ニュージーランド滞在の準備は大方できました。

半年近くこの国にいて良かったと思いますが、その最大の理由は定年後の暮らしにメリハリがついたことです。私はゴルフとか陶芸とか短歌のように具体的な趣味あるいは特技があって、定年後にのめり込むようなものを持っていたわけではありません。ですからニュージーランド移住を決めなければ漫然と暮らしているだけで、ときには国内あるいは海外旅行をするくらいだったでしょう。ニュージーランドに行くのは衝動的に決めたことではありましたが、行ってみていろいろな刺激を受け、また自分に内在する子供心、好奇心、想像力をかき立てることになり、その中で自分を再発見できたような気がします。美しい景色を堪能できたことも収穫でしたが、一番大きかったのは言葉がよく通じない人々と交流し、その中で教えられたり、日本人としての自分を考えたりができたことです。そしてこれまで組織の中で働いてきて私に絡みついていた呪縛のようなものから完全に解き放たれたように思えました。ようやく第二の人生に入るという区切りができたように思います。

そういうことで定年後の暮らし方の一つとして海外に移住することをお薦めします。何年も暮らすとなるとかなりの覚悟と綿密な計画が必要となりますので、まず3ヶ月以内のショート・ステイを考えられてはどうでしょう。3ヶ月以内なら観光ビザで行けるし、暮らしに慣れて遊び方が分かってきたら、毎年季節を変えて来るなどリピートできるようになるでしょう。そこで問題となるのが費用です。私はリタイアしてリピーターとしてクライストチャーチにショート・ステイしている日本人を何人も見ました。その人たちは年金の範囲内でやっておられます。私の場合、具体的にかかった費用については別項に書いていますので、そちらをご覧ください。

次に気がかりとなるのが英語です。日本からのリピーターとなっている人を見ると、英語ができるかできないかは全く問題にしていません。英語ができなくても充分生活を楽しめます。英語はできるに越したことはありませんが、できないからといって尻込みする必要は全くありません。私はせっかく英語の国に来たのだから、英語が少しはうまくなって帰ろうとボランティアの英会話教室に入りましたが、そういう人間はきわめて少数です。

短い期間であっても外国で暮らすことは単なる観光旅行では味わえない、深い感動と収穫が得られます。異国で異文化に触れながら、生活するということは第二の人生を送るにあたってとても貴重な教訓を得ることになると思います。
(2011/3/23)
[PR]
by tochimembow | 2011-03-24 18:28 | 定年後NZで暮らすヒント

定年後NZで暮らすことを考えている方へ

 定年間近になって定年後を海外で暮らすことを考えている方に、ここでの生活を経験しながら知り得たことを少しずつご紹介しますので参考にしてください。

 まず行こうとする国にリタイアメント・ビザ制度があるかどうかが問題です。これがあると1~5年間の滞在が可能です。英語圏ではイギリスとオーストラリアだけがリタイアメント・ビザを認めていました。アメリカ、カナダにはリタイアメント・ビザ制度がありません。ニュージーランド(NZ)もリタイアメント・ビザがなかったのですが、今年の3月から75万ドルをNZに投資して、毎年6万ドル以上の収入があり、50万ドルの維持資金があることなどの条件を満たせば2年間までの滞在が認められる変則的なリタイアメント・ビザ制度ができたそうです。要するに約1億円の準備資金が必要ということで、これでは普通の年金生活者にはちょっと無理でしょう。イギリス、オーストラリアのリタイアメント・ビザも似たような条件が課せられています。NZではビジター・ビザを取れば最大9ヶ月まで滞在が許可されます。これを申請するとき復路の航空券を提示しなければなりません。私の場合は6ヶ月の滞在許可ですが、日本に帰ったあと6ヶ月間はビザが再発行されません。旅行社に委託してNZ大使館でビザを申請してもらいましたが、6ヶ月でも審査がかなりうるさかったそうです。これはNZに来て就労するつもりではないかと眼を光らせているためらしいです。永住権については詳しくないので分かったらご紹介します。
 私の近所にいる日本人夫婦も定年退職者ですが、滞在を観光ビザ(これは申請不要)の期限内(3ヶ月まで)にして、NZに来るのは10回目だと言ってました。2,3月間借家をして、遊び回って日本に帰るのを繰り返しています。トレッキング中に出会った日本人も同じパターンで来ていると言ってました。ある日本人はクライストチャーチに家を買って、半年間来て山歩きをして、半年間は日本に帰ってその間は家を人に貸しているそうです。かなりの人が日本とNZの間をリピート往復してリタイア人生を楽しんでいることを知りました。

NZに何回も来るのは費用の点で大変かもしれません。クライストチャーチで家賃は週300ドル(2万円)前後、車はリースするのが普通です(安い車なら1日1200円くらい)。借家に敷金、礼金はありませんが、デポジット(ボンド)として3週間分の家賃を払います。退去のときに汚損、破損等がなければ返ってきます。それ以外にかかる移住費用は荷物の送料と往復の航空運賃(安いときは7万円くらい)ということになります。食料品は日本より安く、ガソリンは少し安いです。私が借りている家の大家さんの奥さんは日本人で、日本人がよく借家をするので、いろいろなものが揃っており、ここに来て新たに買う什器類、電気製品はほとんどありませんでした。興味がある方はどのくらいの費用になるか試算してみてください。

私が住みたかった国はNZの他にスイス、イギリスがありますが、スイスとイギリスは物価が高く、スイスは言葉が複雑(フランス語圏とドイツ語圏があり、少数がイタリア語圏に入る)であること、イギリス人はプライドが高いような気がするなどの理由で敬遠しました。
 リピートするかどうかは別として、一度は海外でリタイア生活をエンジョイしてみてはいかがですか。

(参考)クライストチャーチで住むための便利情報
クライストチャーチに住むお考えがあれば日本人が経営しているアパートとリースカーをご紹介します。
アパート Bob & 佳菜子さん http://chchflats.kt.fc2.com/japanese/flat01.html
車リース 山田さん http://www.cargts.com/buysell_type.html

教会や地域コミュニティが英語がネーティブでない人々のために英会話教室を主宰しています。参加費は無料~1回3ドルなど、安いです。私は現地で探して近所にある3ヵ所に行っていました。中国、韓国、台湾、ベトナムなどアジア系の人が多く来ています。国際交流にもなります。



(続きはこちら リタイア人生の達人)
[PR]
by tochimembow | 2010-10-22 04:14 | 定年後NZで暮らすヒント
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30