人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:新生活スタート( 8 )

都心の新緑

私が卒業した大学は文京区で、現在勤務しているのも文京区ですが、文京区にどんな名所があるかはよく知りません。調べたら根津神社が5月5日までつつじ祭りとのこと、またGoogleマップで調べると根津神社から小石川植物園まで歩いて25分と出たので、根津神社から小石川植物園までが今日の散歩コースです。
 千代田線根津駅を降りると根津神社に向かって大勢の人が歩いています。予想以上に人が多く、普通なら5分の距離が10分以上かかり神社に着きました。つつじで有名なところですが、つつじはほぼ終わっていました。
e0207997_23285041.jpg

ここは赤い、小さな鳥居が並んでいることで有名です。それぞれの鳥居は寄贈されたものです。
e0207997_2330594.jpg

 つつじは終わっているのにすごい人出でした。早々に引き上げて、小石川植物園に向かいました。途中で道を間違え、25分で着くはずが、45分ほどかかってしまいました。ここもかなりの人が来ていますが、とにかく広いので静かな散歩が楽しめます。
e0207997_23324134.jpg

 小石川植物園の正式名称は東京大学大学院研究科附属植物園と長たらしく、堅苦しいものです。広さは16万平米、1500種の諸物があります。北大の植物園はここより少し狭いですが、北大植物園もなかなかいいところです。山本周五郎の小説で、黒澤明監督の映画にもなった「赤ひげ」の小石川養生所はこの中にa
りました。それができたのが1722年、約300年前です。
 300年続いていますから、樹木は大きいものが多く、うっそうとした森ができています。
e0207997_2343082.jpg
日本庭園もあつらえられています。
e0207997_2344783.jpg
大学の日本庭園ですから、趣はちょっと物足りないですが、休憩にはいいところです。
 カエデの並木があり、紅葉の頃はいいでしょう。
e0207997_052786.jpg

 ともかく都心にこんなにうっそうとした森があるなんて、地方の人は想像がつかないでしょう。まさに都会のオアシスです。
 スカイツリーや六本木ヒルズだけどでなく、古くからある東京の風景にはいいものがあります、
(2016.5.3)
[PR]
by tochimembow | 2016-05-05 00:06 | 新生活スタート

富士山を見たくて

新緑の季節、まだたっぷり雪をかぶっている富士山を見たくなりました。電車で行って、バスを使わずに登れて、富士山が見える山という条件で検索したら、山梨県大月市と都留市の境にある高川山(976メートル)という山が見つかりきました。ここにしようと天気予報で晴れの日、4月29日に決めました。自宅を6時30分に出て、電車を2回乗り換え、中央線初狩駅に着いたのが9時30分でした。駅に着いてわかったのですが、初狩は山本周五郎の生地でした。この駅で降りた登山姿の乗客は約20人ほどでした。他にもいくつか登る山があるようです。

駅から約30分林道を歩くと[高川山(男坂・女坂)]という標識の登山口があり、そこから登り始めました。久し振りの山歩きで、きつく感じますが、ここは初級者向きの山です。所々に「クマ出没 注意!」という看板があり、登山者の中にはカウベルをぶら下げて、音を鳴らしながら歩いている人が結構います。もちろん九州の山ではこういう看板はありません。

新緑がきれいでした。
e0207997_2241583.jpg

途中で男坂と女坂の分岐点がありますが、また合流するようになっています。何となく女坂の方が易しいかなと思い、そちらを選びました。男坂との合流点近くで、樹幹から富士山が見えました。
e0207997_22443162.jpg

大きな富士山に感動です。

合流点から20分ほど登ると頂上に着きました。駅から1時間半でした。
頂上は360度の展望で、20人ほどの人がいました。富士山の全景が見えます。
e0207997_22475337.jpg

次から次へと人が登ってくるので、結構有名な山なのかもしれません。南アルプスの甲斐駒ヶ岳らしい雪をかぶった山が見えましたが、写真を撮ってあとで見たら、写っていませんでした。

30分くらい経つと、富士山の中腹に雲がかかり、そのまま動かなくなりました。朝早く登ってよかったです。午後になるとかすんでくるし、雲がかかってよく見えなくなるでしょう。
e0207997_2257245.jpg


そこから富士急田野倉駅を目指して下山しました。新緑の林の中を歩くのはとても気持ちがいいものです。
e0207997_22582128.jpg


午後1時18分の富士急に乗り、大月、高尾、中野で乗り換え帰宅しました。近い距離で美しい富士山を見ることができ大満足のハイキングでした。
(2016.4.29)
[PR]
by tochimembow | 2016-05-01 23:00 | 新生活スタート

我が家の周辺

私たちが住むマンションは船橋市にある私鉄の駅からわずか1分、雨のとき傘をささなくてもほとんど濡れずに駅に行けます。ベランダの目の前は線路で、夏窓を開けているとうるさいのが欠点ですが、線路の向こうは林があり、山桜、桃、ボケ、コブシなどの花木があります。
e0207997_18325127.jpg

今は新緑がきれいで、緑を眺めながら朝食を摂ります。
e0207997_1829126.jpg

この林にはキジの夫婦が住んでいて、朝はキジが鳴く声が聞こえます。林の中に池があり、その池からせせらぎが流れて約500メートル離れた近隣公園の大きな池にそそいでいます。
e0207997_18385228.jpg

マンションを購入するときはこういう自然があることを全く知りませんでした。引っ越してきて、まさにラッキーという幹事でした。
[PR]
by tochimembow | 2016-04-16 19:07 | 新生活スタート

2016年の正月

最近は、私の近況はFacebookで公開していましたが、Facebookに登録していない方から近況がわからないという声が来ましたので、2016年からのイベントを報告します。

まず2016年の初日の出です。
e0207997_16592682.jpg

我々のマンションからは日の出がよく見えます。大晦日に長女と3女、その孫たちが泊まっていましたので、元日の7時前に全員が起きてきてベランダから初日を見ました。6時50分から東の空の雲が輝き初め、7時に太陽が完全に姿を現しました。写真は7時ちょうどの太陽です。

午後には近くの公園で凧揚げをしました。3歳になる孫娘二人に凧を買ってやり、結構風が強かったので、苦労なしで凧が揚がりました。しかし、横浜の孫が糸を離したら、凧がずっと遠くまで飛んで行ってしまい、大泣きでした。
e0207997_1763185.jpg


1日に娘、孫たちが帰って、嵐が過ぎ去ったようでした。2日に自宅から電車で45分ほどで行ける成田山新勝寺に行きました。初詣の人数が毎年ベスト3に入るところですが、成田駅を降りてから新勝寺まで人であふれかえっています。
e0207997_17134396.jpg

一説によると、3が日で300万人が来るとのこと、こんな狭い参道に人が押し寄せ、なかなか前に進むことができません。参道にはうなぎ屋が多いのですが、うなぎ屋に入る人がまた行列を作って、にっちもさっちもいきません。空いていれば10分ほどで着く大本堂にようやくたどり着き、そこから拝礼するまで20分ほど待たされました。
e0207997_1719918.jpg


これで何か御利益があるのでしょうか?

(2016.1.2)
[PR]
by tochimembow | 2016-01-03 16:56 | 新生活スタート

千葉の新しい住まい

しばらくブログを休んでいましたが、このたび千葉の船橋に新居を購入しましたので、お知らせします。
妻は宮崎での職場を辞め、この4月から千葉のマンションに移り住みます。私は、まだ勤めがあるのと宮崎で
施設に入っている母がいるので、しばらくは動きませんが、あと2,3年したら宮崎を離れるでしょう。
 新居は東葉高速線の駅からわずか1分のところにあります。
e0207997_1425314.jpg

マンション(本当は英語のコンドと呼ぶべきcondominium)は初めてで、長女一家の住まいから近い、駅から近い、価格が高すぎない、適度な広さがあるというだけの理由で買うことを決めました。周囲の環境をろくに調べもせずに引っ越しましたが、荷物の搬入が一段落して周りを歩いてみると駅の周辺はよく整備されていて、何より気に入ったのは、マンションのすぐ下に「つぼいの森」という林があって。そこからせせらぎが坪井近隣公園まで流れています。
500メートルあまりの気持ちのいい散歩道があります。
e0207997_1450767.jpg
e0207997_1439875.jpg

 部屋の目の前に林と池が見えます。池はほたる池という名前なので、初夏にはほたるが飛ぶのでしょうか。2回この小道を散歩しましたが、2回とも途中でキジを見ました。宮崎でもキジは見なくなったので驚きです。
e0207997_14413775.jpg
写真はつがいのキジですが、分かるでしょうか?

都会に戻るのは抵抗があったのですが、この環境は気に入りました。
宮崎の今の場所に住んで約30年、ここが終の棲家と、もう動くことはないだろうと思っていたのですが、またまた漂流を再開しました。当分、2個所を行ったり、来たりですが、千葉を起点に今度はどこをさまよい歩くでしょうか。(2014.4.16)
[PR]
by tochimembow | 2014-04-16 14:50 | 新生活スタート

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2014年の元日は穏やかな日です。1年中穏やかであればいいのですが。
e0207997_16163920.jpg

(鹿児島城山観光ホテルから見た桜島と日の出、ただし初日ではありません。昨年の12月です)

この3年間は福岡にいる小学校の同級生が経営しているフレンチ・レストランNONAKAから取り寄せたおせちで、元旦のお祝いをしています。昨年、一昨年は娘家族が帰省していたので、賑やかでしたが、今年は二人だけで、おせちも食べきれないほどあります。
e0207997_16171466.jpg

(このお重の他にもスープ、白菜ロール、和牛ほほ肉赤ワイン煮込み、鴨のコンフィ、キッシュ・ロレーヌ、カレーなどがあるのですよ)
福岡近辺にいる方はこのレストランに行ってみてください。築170年の農家を改造したムードのあるレストランです。
e0207997_1621526.jpg

詳しくはhttp://www.h2.dion.ne.jp/~aubenona/から

(2014.1.1)
[PR]
by tochimembow | 2014-01-01 12:07 | 新生活スタート

ミルフォード・トラックとは? 出発の前日

ミルフォード・トラック
ニュージーランドにはGreat Walksと呼ばれる美しい景色を楽しみながら何日間かかけて歩く9ヶ所のコースがあります。その代表がミルフォード・トラック Milford Track で、約100年前にここを歩いたある女流詩人がイギリスの雑誌に紹介して以来「世界でもっとも美しい散歩道」と呼ばれ、世界中のウォーカーを引きつけるようになりました。ミルフォード・トラックは南島にあるフィヨルドランド国立公園のテアナウ湖畔グレードワーフからミルフォード・サウンドまでの53.8キロメートルを4日間で歩きます。
e0207997_2332929.jpg

e0207997_23322520.jpg

いつでも自由に歩けるわけではなく、ガイド付きツアーあるいは個人で歩くインデペンデント・ウォークは予約が必要です。それは宿泊場所(ツアーの場合はロッジ、インデペンデントの場合はハットというところ)の収容人員がそれぞれ50人、40人と限られているからです。ガイド付きツアーは4日で完歩した後、5日目はミルフォード・サウンドをクルージングするパッケージとなっています。インデペンデント・ウォーキングの場合はシュラフ(寝袋)と4日分の食料を持って歩かなければなりません。しかも確実に予約日にロッジ(またはハット)に泊まらないと、次の日の予約者が泊まれなくなるので、いくら天候が悪くても同じロッジ(ハット)に停滞することはできません。ガイド付きツアーは人気で年末年始のシーズンは3ヶ月前に予約しないと取れないといわれています。
 ちなみにミルフォード・トラックのツアー料金は1,995NZドル(約13万円、ハイシーズン・相部屋利用の場合)です。個室(二人部屋)は300ドル高くなります。ツアーを扱っている会社は Ultimate Hikes です。
 http://www.ultimatehikes.co.nz/
インデペンデント・ウォークを行う場合は政府の自然保護局(DOC, Department of Conservation)で事前にチケット(ハイシーズン153.3NZドル)を購入しなければなりません(インターネットで予約可能)。
 http://www.doc.govt.nz/parks-and-recreation/tracks-and-walks/fiordland/fiordland/milford-track/


ミルフォード・トラック出発前日
12月19日に妻がクライストチャーチに来て、2週間ほど滞在するので、ミルフォード・トラックのツアーを予約しました。21日に車でクイーンズタウンまで行き、翌日からミルフォード・トラックを歩きました。

クライストチャーチからクイーンズタウンまでは約7時間かかります。テカポ湖、マウント・クックへの分岐点を過ぎてオタゴ地方に入ったときの写真です。
e0207997_1958186.jpg

ツアー前日の夕方にクイーンズタウンにあるツアーの主催会社 Ultimate Hikesで説明会があります。日本人は別室で日本語の説明を聞くようになっています。コースの紹介、雨・靴ずれの対策、持っていくべき荷物の説明などがありました。天気予報を聞くと翌日は雨だということでした。ミルフォード・トラックでは1年間に200日以上雨が降るので、雨は当たり前のことなのです。

クイーンズタウンはNZで3番目に大きい湖ワカティプ湖 Lake Wakatipu のほとりにあり、NZでもっとも多くの観光客が集まる町です。湖畔のコプソーン・ホテルからワカティプ湖を見ると厚い雲がかかり、切れ間から夕陽が見えました。
e0207997_2085999.jpg

この写真は午後9時40分に撮ったものです。冬至(NZでは夏至)の前日ですが、NZの日没がいかに遅いか分かるでしょう。
(2010/12/21)


ミルフォード・トラックの高解像度写真を見るには次のURLをクリックして、表紙の写真をクリックし、次のページで「スライドショー」をクリックしてください。
http://www.imagegateway.net/p?p=DXBeJkSHyKS

[PR]
by tochimembow | 2010-12-29 20:12 | 新生活スタート

新生活スタート

10月5日からクライストチャーチで一人の生活を始めました。まず住んでいる家をご紹介します。
クライストチャーチにはガレージを真ん中にして左右に分けて2軒にした家(タウンハウスという)が多いです。その片方を借りました。一人では広すぎます。通りから引っ込んだところに家があるため車の騒音は気になりません。
e0207997_12562295.jpg


ドアを開けると居間兼キッチンになっています。食卓がないのが残念。キッチンはシンプルで本格的な料理はできません。こちらの人は料理に凝らないということでしょうか。
e0207997_1259197.jpg


階段を上がるとロフトになっていてそこにもベッドがあります。ここは書斎として使っています。夜はいつもここでパソコンをやっています。
e0207997_1301338.jpg


ベッドルームにはクィーンサイズのベッドがあり私には広すぎます。ここと2階を合わせて3人分のベッドがあるので、お二人までは泊まれます。ご予約はお早めに。
e0207997_131257.jpg

バスルームにはバスタブがなく、シャワーだけです。これはちょっと不満です。たまにはどっぷりお湯につかりたい。外国だから当然ですが、シャワートイレもありません。日本でシャワートイレに慣れていると、外国に行ったとき非常に不便に感じます。
e0207997_1314088.jpg

[PR]
by tochimembow | 2010-10-10 13:03 | 新生活スタート
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30