人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:宮仕え 再び( 2 )

定年後も働きたいか?

7月23日の朝日新聞に「定年を過ぎても働き続けたい?」というアンケート結果が出ています。それによると「はい」と答えた人が70%、「いいえ」と答えた人が30%です。「はい」の理由は、収入を得たい(1237人)、精神的に張り合いがある(1091人)、社会とつながっていたい(805人)の順です。「いいえ」の方は、自分の時間が欲しい(797人)、しんどい(368人)、家族と過ごしたい(352人)の順です。平均的な年金給付額は最も高かった平成11年に比べると平成19年で月1万5千円以上下がっており(厚労省 厚生年金受給者の平均年金月額の推移データ)、年々低下傾向にありますから、生活に不安があって「収入を増やしたい」という理由がトップに来るのは当然です。事実、アンケートで定年後の経済的不安を感じている人は73%もいます。

2、3位に来た「精神的な張り合い」や「社会とのつながり」がほしいというのは生き甲斐につながる問題です。「いいえ」と答えた人の「自分の時間が欲しい」や「家族と過ごしたい」という思いと表裏一体の関係にあるように思います。実際に、仕事を辞めて「さて、これから何をするか?」といったときに、それが見つからない人は多いでしょう。自分を活性化し続けていくには働き続けるのが一番いいというのは、これも理解できます。のめり込める趣味を持っていたり、自分にあったボランティア活動を見つけることができるなら「自分の時間が欲しい」の方になるでしょう。

私は退職した1年目に半年間、ニュージーランドで暮らし、2年目からは元の職場でまた働き始めました。どっちの生き方がいいのか、まだ答えは出ません。ただ、これからの大事な第二の人生を考えると「働き続けていていいのだろうか?」と疑問を感じることが多々あります。年とともに心身が衰えていくことを考えると、自由に行動できるのはあと10年間くらいしかないのではと思います。日本人男性の平均寿命は79歳ですから、そこで自分の命がつきるなら、あと10年少ししかありません。自分は、本来は自由気ままに生きたい性分だったはずですから、その自由を使える時間はそれほどありません。

「もう一度、仕事をしてくれ」と言われたことは嬉しいことですが、いつまで続けるかの見極めは自分でつけなければなりません。実際には役に立っていないのに「まだ働く」とがんばって周りに迷惑をかけるということもありえます。自分は世の中のために役立っているのかというようなことは考えていなければなりません。ともかく、定年後とは自由選択肢が増えると言うことですから、自分が生き甲斐と感じられることを選んでいけばいいのでしょう。(2011.7.23)
[PR]
by tochimembow | 2011-07-23 17:09 | 宮仕え 再び

久々の更新

3月終わりにニュージーランドから帰国して、ニュージーランドについて書くこともなくなり、また4月から大学に勤めるようになり、【ニュージーランド漂流】のタイトルに合わない生活となったので、このブログを閉じようと思っていました。しかし、最後の記事を書いて3ヶ月たっても毎日30人以上の方がアクセスしているのでなかなか閉鎖することができず、ブログを続けてくれという方もおられて、結局定年退職者のつれづれ日記として同世代の方になにかの参考となればとブログを続けることにしました。

そこでブログのタイトルも「ニュージーランド漂流」から「人生漂流」に変えることにしました。退職を迎えた方はさまざまな形で第二の人生を送られていらっしゃいますので、経験交流の意味でコメントを寄せていただけると幸いです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
私は、4月から、大学であるプロジェクトのコーディネーターのような仕事をしています。退職したときは自由気ままに暮らすつもりでいたのですが、もう一度働いてくれと言われると習い性がよみがえったのか、まじめに8時半までには大学に着いて働いています。定年前は教育と研究の生活で、何時までいようと残業代がつくわけでもないので、夜の9時、10時までだらだらと仕事をし、疲れるとネット・サーフィンなどもしていましたが、今は定時を過ぎて仕事をしていると残業扱いとなるので、そうならないよう5時半には仕事が終わるように集中してやっていると結構くたびれるものです。

働き出したとき同年輩の知人何人かに「これでボケなくていいね」と言われました。そう言われるということは自分がボケかかっているように見えるのだなと、妙に納得します。本人はまだ仕事をやれるとがんばっているつもりでも周りは「こりゃ、使い物にならん」と思っているのかもしれませんから、そこは早く察知して引くべきときにはさっと辞めようと思っています。ボケ防止のために働いているのでは周りは迷惑するばかりです。まだ世の中のために役立っているのなら、働く意味はありますが、それは自分の主観で判断できないことが多いので、引き際というのは難しい決断です。

話は変わりますが、菅首相は権力欲が強いのではなく、自分がやらなければ日本を立て直せないという強い思い込みがあるのだと想像します。浜岡原発を停止すると言ったときから菅批判が盛んになったので、菅降ろしの裏には経済界や電力業界の陰謀があると本人は考えているのではないしょうか。それは一面正しいと思います。ただあの人の不幸はその信念をサポートする同志がいないことです。周りの人間が信用できなくなって「たった一人の反乱」を続けていても国にとっては不幸です。やるべきことを考えている人は政治家にも、官僚にも、自治体にも多くいるはずです。それを結集できないのであれば、もはや引き際を考えるべきではないでしょうか。

横道にそれてしまいました。
[PR]
by tochimembow | 2011-07-13 19:09 | 宮仕え 再び
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28