人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:なぜNZへ( 4 )

さらばニュージーランド

クライストチャーチ最後の夜です。昨年10月始めにニュージーランドに来て以来半年に少し満たない期間でしたが、いろいろなことがありました。来たときは9月のクライストチャーチ地震の後で、まだ道路が封鎖されたり、倒壊した建物があったり、頻繁に余震があったりしましたが、街全体は落ち着いていました。12月26日にまた大きな地震があり驚きました。さらに今年の2月22日にクライストチャーチ市内を震源地とする地震が起こり、マグニチュードは6.3と小さかったのですが、直下だったため大きな被害が出ました。そうこうするうちに今度は私の住まいがある宮崎で新燃岳の噴火があり、我が家にも大量の降灰があり、いまだ火山活動はおさまっていません。そして3月11日の東北地方大地震です。両方の国で天変地異が起こり、自然の驚異を思い知らされるとともに、そういう中でもたくましく生きる人間の強さも知りました。異国にいて日本の地震に関するニュースを聞いて嬉しく思ったのは、これだけ大混乱が起こっているのに犯罪が起こらないことに驚いている外国通信社の報道です。また福島原発の災害拡大を命懸けで食い止めようとしている人達の様子を伝えた記事には涙しました。

ここに来て主に二つの収穫がありました。一つはニュージーランドの自然のすばらしさです。もともとこの国の自然を観たくて来たわけですが、その期待は裏切られませんでした。ニュージーランドの海が想像以上に美しいことに驚きました。山の美しさについてはある程度予備知識をもっていました。しかし各地の山を歩きながら感じたことは、むしろ日本の山の素晴らしさです。日本アルプス、尾瀬、東北や北海道の山は世界一級の美しさを持っていると思います。屋久島、霧島、阿蘇、久住、大山、石鎚山など西日本の山も独特の美しさがあります。日本の山はニュージーランドよりも変化に富んでいて、もっと世界の人に知ってもらいたいと痛感します。

もう一つの収穫はニュージーランド人のライフ・スタイルあるいは人生観を垣間見たことです。平均所得は日本よりずっと低いと思いますが、お金持ちの国をうらやむような様子は全くありません。お金、地位、名声に執着せず、生活を楽しむことに重きを置いていると人に優しくなるのだろうと思うことがありました。こうのんびりしていると若い人の希望や向上心が薄くなるのではないかと思うこともありますが、リタイアした我々の世代にはとても住みやすい国です。

日本とほぼ同じ面積をもつこの国で人の気質が日本と異なる決定的要因はやはり人口の違いだと思います。人口密度が日本の1/30となると人を押しのけ、かき分け生きていく必要がなくなるのでしょう。日本はどんな田舎に行っても人家があり、看板があり、人の匂いがしますが、ここはちょっと街を離れると全く人に会わないようなところがたくさんあります。そういうところで人間の営みをちょっとでも感じるのは羊を見たときで、これは誰かが飼っているのだなと想像しますが実際にそれを飼っている人を見たことはまれです。日本では原始の風景というものはほとんど見ることができず、どんな山奥に行っても人が住んでいますが、それでも里山など美しい生活風景というものがあります。それはぜひ守っていってもらいたいと思います。

ニュージーランドは哺乳類がいない島だったということはここに来て初めて知りました。約700年前にマオリが移住し、哺乳動物を持ち込み、それからヨーロッパ人が入ってこの国を変えてしまいました。天敵がいないため飛ばない鳥が誕生し、人間が入ってきたためそれらの鳥が絶滅の危機に瀕していることも知りました。飛んで逃げる必要がないといつか飛ぶ能力を失うというのは教訓的です。人間も便利な暮らしに慣れすぎると本来の人間らしい能力を失ってきているかもしれません。

今度の両国での地震を見ると同じ島国である日本とニュージーランドは一衣帯水の運命を持っているような気がします。どちらも環太平洋火山帯の上にあるというスケールで考えると、運命を共有していると言えるでしょう。今回の日本での地震でニュージーランド人は日本に対して他人事ではないという共感と同情を持っています。今回の災難に遭遇した二つの国が、そのことで人々が助け合って生きていくようになれば、これが禍を転じて福となすことになると信じています。

さらば、ニュージーランド。またいつか来ます。
(2011/3/18)
[PR]
by tochimembow | 2011-03-18 19:16 | なぜNZへ

一ヶ月間の漂流をして

クライストチャーチに来て一ヶ月となりました。家族や知人に近況を知ってもらうためにブログを開設しましたが、そのタイトル「ニュージーランド漂流」は何とうまく名付けたものだろうと我ながら感心するくらいまるで羅針盤を失った漂流船のような一ヶ月でした。東に行こうとすれば西に行ってるし、すぐ近くの目的地に行くのに市を一周したりで、途方に暮れたり、自己嫌悪に陥ることがしばしばでした。
 最近はようやく道に大きく迷うことはなくなってきました(小さな間違いはいまだにしょっちゅう)。これは道を覚えてきたこともありますが、地図をよく見て、事前にイメージトレーニングをして出かけるようになってきたからです。「あの道を行って三つめの信号を右折し、○○通りに出て、そこから二つめの信号を左折して・・・・」というように、そしてその記憶があやふやになったら必ず車を停めて地図を調べる。
 ともかくこの一ヶ月は浦島太郎のようなこれまでとは隔絶した生活でした。数えてみたら一ヶ月間で20個所以上の景勝地を歩いています。15分も車を走らせると、人のいない素晴らしい景色のところに行けるのはニュージーランドならではの特典です。
 今のところ定年退職して得た「自由」を存分に活用しているといえるでしょう。退職しても「自由」を活用できず、組織に縛られて勤めていたときの方が楽しかったと「自由」に苦しむ人がいます。私も定年後の有り余る時間をどう使うか、人並みに考えましたが「そのときになってやりたいことをやればいい」と中途半端な結論で考えることをやめてしまいました。そのように無方針であったにもかかわらず、突然「そうだ、ニュージーランドに行きたかったのだからやっぱり行こう」と思い立ったのは結果的には当たりでした。あこがれのニュージーランドでしたが、来てみて予想以上に気に入りました。
 自分でもここまで行動的になるとは思っていませんでした。「ニュージーランドと漂流」にも書きましたが、何か自分の中に潜んでいたものが顕在化したような気がします。生来、放浪性があるというか、糸の切れた凧のような人間ではないかと思っていましたが、どうやらそのとおりだったようです。しかしいつまでも当てずっぽうな生き方では一生迷い続きになってしまいます。道路に迷わない方法を会得するのと同様に人生も迷わない方法を見つけなければなりません。放浪を繰り返しながらここでの経験が自己再発見につながればいいのですが。
 浦島太郎はいつか元の場所に帰らなければなりません。そのとき自分がどうなっているか、自分でも想像がつきません。
(2010/11/5)
[PR]
by tochimembow | 2010-11-05 18:02 | なぜNZへ

ニュージーランドと漂流

少年時代にもっとも感動した本はジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記」とデフォーの「ロビンソン・クルーソー」でした。もっとも原作の訳を読んだのではなく、少年少女文庫用に書き直された抄訳でしたが。ヘイエルダールのコンティキ号漂流実験にも感動しました。なぜ漂流ものに感動したかというと、孤島で世のしがらみから断ち切られて、自分の力だけで生きていく姿がかっこいいと思ったからでしょう。こういう人生が理想だと思うときもありました。
 成人になるにつれて当然そういう夢はなくなりました。40歳を過ぎて読んだゴールディングの「蝿の王」や吉村昭の「漂流」からは漂流とはもっと厳しく、むごたらしいもので、集団で漂流したときは醜いいさかいばかりが繰り返されるものだということを知りました。
 しかしニュージーランドに来てから、なぜ来たのかを自問自答すると、少年時代の夢がまだ潜在的に生きていたのかもしれないと思うようになりました。以前、アメリカに住むときやカナダに住むときに胸がワクワクしたのもそれがあったからかもしれません。定年退職したものが「外国生活をしたい」などとは日本に残る家族には大迷惑な話ですが、私の夢をなんとなく感じ取って送り出してくれた妻には感謝しています。
 Wikipediaで調べたら、「十五少年漂流記」の少年たちはニュージーランドから船出して、嵐に遭って、無人島に漂着したものでした。「ニュージーランドだったんだ!」と驚きましたが、それを読んだ頃からニュージーランドという国の名前がインプットされていたのでしょうね。

追伸:「十五少年漂流記」の原題は「二年間の休暇」といいます。私は「半年間の休暇」中です。
[PR]
by tochimembow | 2010-10-15 06:38 | なぜNZへ

なぜNZへ?

ニュージーランドは昔から親しみを感じ、行ってみたい国でした。そのわけは、1)日本と同じ島国で、面積が小さい。狭いということは移動するのに時間がかからないということでもある(アメリカやカナダにはいいところがあるが、どこに行くにも遠すぎる)。2)北半球と南半球に分かれているが、日本と同じような緯度にあるので、気候が似ているだろう。3)山が多く、南北に山脈が貫いていて、景色に変化があり、自然が手つかずに残されている。南島の半分近くが景勝地で多くが世界遺産や国立公園となっている。4)山に入っても熊や蛇がいない(拍手!)。5)反核・反原発の平和思想を貫き、環境保護にもっとも厳しい。6)英語圏にあるので比較的言葉が分かりやすい。自動車交通が日本と同じ左側通行であり、距離はキロメートル、重量はキログラム、温度は摂氏で表すから違和感がない。7)物価が安い。このようなことからニュージーランドに親近感を持ち、住んでみたい国の筆頭でした。
 定年退職のとき「人生の漂流者」と銘打った講演でも話しましたが、小さい頃から放浪性があるらしく、定年を機ににわかにニュージーランド行きたくなりました。諸般の事情はありましたが、思い切ってニュージーランドに住んでみることにしました。この国はリタイアメントビザがなく、観光ビザでは3ヶ月までしか滞在できず、ビジタービザが9ヶ月までなので、半年間来ることにしました。
 (潜在的な理由は「ニュージーランドと漂流」を読んでください。)
[PR]
by tochimembow | 2010-10-11 18:26 | なぜNZへ
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30