人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プロメテウスの火 原発

今回の東日本大地震でトラブルを起こした福島原発の危険度はチェルノブイリ原発事故のときと同じレベル7に引き上げられました。外部への放出量そのものはチェルノブイリの1/10ですが、原子炉に含まれる放射能量がチェルノブイリより多く、それが放出されたときの危険性はチェルノブイリ以上となるからです。

原発のコスト
我が国の電力会社がこれまで原発を推進してきた理由は大きく二つあります。一つは、原子力発電は電力コストが低いこと、もう一つはCO2の産生が少なく、クリーン・エネルギーであることです。産業経済省資源エネルギー庁が発表した2008年エネルギー白書や電気事業連合会の試算では原発による電力コストが安いことになっています。
 (発電施設を40年間稼働したときの1kw毎時あたりの電力コスト)
           エネルギー白書    電気事業連合会
  水力       8.2~13.3円     11.9円
  火力(石油)   10.0~17.3円     10.7円
  天然ガス      5.8~7.1円     6.2円
  原子力       4.8~6.2円     5.3円
  火力(石炭)    5.0~6.5円     5.7円
  太陽光        46円          -
  風力         10~14円       -
これには送電コストが含まれていません。原発は大都会から遠くに設置されるため送電ロスが大きく、送電コストは高くなります。太陽光発電のコストは急激に下がりつつあり、2010年に原子力より安くなったという報告(世界 1月号)もあります。

しかし今回の事故で安全にかかるコストを見直さなければならなくなりません。福島原発はマグニチュード8の地震を最大限に想定して建設し、最大高さ6メートルの津波を想定して防潮堤を作ったそうです。その想定を越えた災害が起こったときはどうするかというマニュアルはありませんでした。マグニチュード9,高さ10メートルの津波を想定して原発を作っていたら、建設費が何倍にもなったと言われています。いったん災害が起こった今、原発の事故処理にかかる費用は驚くべき数字になっているはずです。とても1kwあたり5~6円の話ではありません。コストを考えて災害の想定レベルを決めた疑いは濃厚です。今後、原発を建設しようとするとこれまでの想定レベルに合わせた地震・津波対策ではとても許されなくなりますから、原発は非常にコストがかかる発電となり電力会社自身が新規の原発建設をやらなくなるでしょう。
(資源エネルギー庁OBが東電の副社長として天下りしているという今日のニュースでエネルギー白書の信憑性そのものに疑いの目を向けなければならなくなりました)

原発はクリーン・エネルギーではない
第二に、原発は毎時1kwあたりのCO2産生量が22グラムと同じコストの石炭火力が出すCO2 975グラムより圧倒的に少ないことが売りでした。しかし1基の原子炉に含まれる放射能は広島原爆の100倍以上とも言われ、これが放射能をまき散らすようになるとクリーンどころかもっともダーティなエネルギーとなることが今回証明されました。

テロ攻撃の危険性
基本的に、原発は核爆弾を原子炉の中でゆっくり爆発させてエネルギーを取り出すしくみですから、核兵器と同じ危険性をはらんでいることを忘れてはいけないと思います。今回の福島原発事故で別の危険性がクローズアップされてきました。それは原発がテロの対象となり得るということです。原発を攻撃すれば9.11テロ以上の大パニックが生じることは明らかで、テロリストが目をつけないはずはありません。

天界から盗んだ火を人間に渡した神プロメテウスはゼウスの怒りに触れて山にはりつけにされ、ハゲタカに肝臓をついばまれ、傷が癒えるとまたハゲタカに襲われるという永劫続く罰を受けることになりました。核反応を利用してエネルギーを取り出す原子力発電という「火」を手に入れた人間はそれが手に負えないプロメテウスの火であったことを今思い知らされています。
(2011/4/13)
[PR]
by tochimembow | 2011-04-13 21:40 | 大地震

日本は変わるか

東日本大震災を境に日本は大きく変わるのではないかという予感がします。65年前、敗戦という厳しい経験を経たあと政治体制、経済構造、教育、ものの考え方・価値観、すべてがひっくり返るほどに変わったときのような大きな変化ではないにしても、バブル崩壊以後閉塞状況にあった日本に大きな衝撃を与えたのは間違いないでしょう。

不幸はいつ、どこから降ってくるか分からない。自分のこれまでの人生を見ても何度か災難がすぐ近くをかすめていきました。戦争末期に生まれた私は空襲の直撃を免れ、戦後の抗生物質がないとき姉と兄は伝染病で幼稚園にも上がらずに亡くなりましたが、私は危うく助かりました。オウム真理教による地下鉄サリン事件のときはサリンをまかれた地下鉄の次の電車に乗っていたし、クライストチャーチの地震のときは間一髪で建物崩壊の下敷きになるところでした。とは言っても自分で本当に体験しない人の不幸は、暖かい温室の中から寒い冬の景色を見ているようなもので、その景色が見えなくなるとやがてその辛さも忘れるようなものです。しかし今回は、福島原発の事故で私たちは火薬庫の隣に住んでいるという恐怖の実感を味わったはずです。不幸が我が身に降りかかるのは次のときかもしれないと思い知ったはずです。

今回の災害で被害に遭った人々が先を争って物資の奪い合いをすることもなく、略奪も起こっていないこと、また多くの人々がボランティアで駆けつけていること、原発職員や自衛隊員が命懸けで災害の拡大を食い止めていることなどが海外のマスコミで賞賛されています。ハリケーン・カトリーナに襲われたアメリカ南部での略奪、銃撃、放火などの無法状態と比べて日本人の落ち着いた様子に驚いています。このような日本人の行動は昔、日本人が自然への畏敬の念を抱いていた頃の死生観や自然観-人間は自然の力には勝てない-が今でも人々の心の深いところで脈々と生きているためではないかとふと思います。そうであるならこの災害をきっかけに人生や家族の価値についての考え方も変わっていくような気がします。

日本人が世界でもっとも裕福な国民となり、繁栄を謳歌した時代は20年も続きませんでした。いまや経済力では中国に追い抜かれ、韓国やインドも日本に迫ってきて、日本人は自信を失いつつあります。まじめにこつこつと働いていた人がある日突然リストラで解雇される。年収200万円で一家が暮らしていかなければならない。そういう人たちが年々増えてきて、貧困がいつ自分達を襲ってくるか分からない時代にさしかかっています。人を押しのけて上に登っていこうにもできない世の中になってきて、そういうあがきをすることがばかばかしく思えるようになってきています。そういうときに大きな災害に遭遇して、結局我々は助け合って生きていかなければならないのではないか、そういう考えが次第に拡がっていっているのではないでしょうか。そして人々の新たな連帯が生まれてくれば日本は再生への道を歩めるように思います。
(2011/4/11)
[PR]
by tochimembow | 2011-04-11 23:41 | 大地震
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31