人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

彼岸花

お彼岸(9月23日)頃に咲くから彼岸花といい、曼珠沙華ともいいます。死人花、地獄花とも呼ばれ、忌み嫌う人もいますが、それは球根に毒があることと無縁ではないでしょう。子供の頃は縁起の悪い花だと教え込まれていたため、彼岸花は嫌いでしたが、秋に田んぼの畦や川原で緑に映えて咲いているのを見ると、美しく感じるようになり、最近では彼岸花は好きです。白や黄色の彼岸花も増えてきていますが、彼岸花はやはり赤ですね。

宮崎で撮った彼岸花の写真をご鑑賞ください。
西都市都於郡(とのこおり)城趾(2009年9月22日)
e0207997_21352978.jpg

e0207997_22331899.jpg

高原町皇子原(おうじばる)公園(2014年9月28日)
e0207997_21401290.jpg
e0207997_2139565.jpg

この公園には何と300万本の彼岸花があるという。

ここで思い出すのが、小津安二郎の「彼岸花」。娘(有馬稲子)がなかなか結婚しないことを心配している父親(佐分利信)が、娘が自分で結婚相手を見つけてくると怒り出し、妻(田中絹代)や知り合いの女将の娘(山本富士子)の取りなしで、次第に許す気持ちになっていくというストーリーでした。小津初めてのカラー作品で、赤がテーマの映画だったようですが、彼岸花の場面は記憶にありません。何かを象徴して彼岸花というタイトルをつけたのでしょうか。娘の結婚式がお彼岸の頃だったかな。豪華な女優陣の映画でした。
(2014.9.29)
[PR]
by tochimembow | 2014-09-29 22:12 | 日本の自然

付和雷同型旅行か、マイテーマ旅行か

9月2日、私はワシントン・ダレス空港のホテルに泊まり、John、Chareltteと妻はオハイオに帰る日です。妻はオハイオに20日まで滞在します。ですから午後2時頃までしか時間がありません。CharletteはNational Cathedral(ワシントン大聖堂)に行く計画を立てていましたが、私はスミソニアン自然史博物館をもっと観たかったと言うと、すぐに計画を変更して「スミソニアンに行こう」ということになりました。4日前は2時間くらい見学しましたが、とても見切れなかったので、私一人でも行きたかったのですが、結局全員が付和雷同しました。
e0207997_1721029.jpg

この日は、動物展示室(昆虫、哺乳類)、人類の起源室、生きた蝶の温室を主に観ました。たとえば哺乳類の部屋には写真のような展示があります。
e0207997_1772958.jpg
 哺乳類とは「毛が生えていて、乳を出し、耳骨がある」、ウ~ンわかりやすい。日本の博物館は説明が長すぎて読みたくありませんが、こちらはたとえばコウモリの骨の標本が置いてあって、「コウモリは羽根ではなく、手を振って空を飛ぶ」などと書いてあるとなるほどと納得してしまいます。

人類の起源室はかなり面白かったです。今まで興味を持ったことがないことがらでしたが、展示を見ているとだんだん興味が涌いていきました。自分の顔の写真をカメラで撮ってそれが原人の時代だったらどんな顔になるかを合成する機械があり、その写真をメールで送ってくれます。それで合成した私が次の写真です。左はもし私がネアンデルタール人(25万~3万年前の旧人)だったら、右はハイデルベルグ人(80万~30万年前の原人)だったらの顔です。
e0207997_17461851.jpg
あまりお見せできる顔ではありませんが、皆さんがやってもこういう顔になりますよ。

博物館や美術館は人によって興味を引かれるところが異なるので、大人数一緒に行くべきではなく、できれば一人で、二人で行ったとしても別行動の方がいいですね。若い頃は博物館や美術館にあまり興味はなかったのですが、最近はこういうところを廻るのが楽しくなっています。知的興奮をかき立てるところを好むように趣味趣向が変わってきているのですね。

ワシントンDCに来て、気がついたのは日本人観光客がきわめて少ないことでした。1週間で10組も会っていません。中国人、韓国人観光客もあまりいませんでした。昨年のパリ、一昨年のスイスではやたら日本人や中国人を見かけただけに、不思議な感じです。多分、ニューヨークに行くとたくさんいるのでしょう。私は、ニューヨークよりはワシントンDCの方がはるかに面白いと思うのですが。日本人の旅好きも「みんなが行くところに行きたい」という程度で、ニューヨークやパリやスイスに行きたがるのは日本人はまだまだお上りさんだということです。

博物館のカフェでお昼を食べて、空港近くのホテルに送ってもらい、ワシントンDCの旅は終わりました。Charletteに「我々のためにオハイオから8時間もかけてきてくれて大変お世話になりました。DCには何度も来ているだろうからあまり楽しくなかっただろうね」と言ったら、「DCは何回か来たけど、これだけじっくり見て回ったことはなく、今回の旅行は学ぶことも多く、楽しかったよ」と言ってくれました。

翌日(3日)、ANAで帰国しました。復路はエコノミー席でしたが、飛行機が空いていて3列を独占できたので、肘掛けを倒して寝ることができました。往路のいい食事に比べて帰りはコンビニ弁当に毛が生えた程度の食事でした。
e0207997_17305313.jpg
体を動かさない飛行機の中では豪華な食事はしたくないので、この程度で充分です。この飛行機の中も日本人が少なく、中国人や東南アジアの人が3倍くらいいました。日本行きの日本の飛行機なのに日本人が少ないと奇妙な感じがします。

ワシントンDC旅行のTips
1. DC内の施設(博物館、議事堂など)はほとんどが入場無料です。特別なイベントがあるときは入場料を取ることがあります。フォード劇場は、リンカーン暗殺の状況を講談風のパフォーマンスで説明してくれるので、入場料を取ります。
2. 市内はほとんどの場所に地下鉄で行けます。地下鉄はスイカのようなプリペイドカード(SmarTrip)を買う方がお得です。特に、65歳以上はカードなら半額となりますから。1回限りの乗車なら自動券売機で切符を買いますが、注意しなければならないのは、10ドル札以下のお釣りは出ないということです。たとえば10ドル札を入れて3ドルの切符を買うと、7ドルのお釣りは出てきません。7ドルまるまる損をしてしまいます。地下鉄に1回だけ乗るときは小銭を忘れないように。
詳しくは下のURLから
http://www.wmata.com/pdfs/pocket_guides/japanese.pdf
3. DC内のホテルはかなり高いようです。我々は議事堂から徒歩10分くらいのCapitol Hillというところのコンドミニアムを借りましたが、3寝室あって1日150~200ドルくらいです。4人で借りれば一人5,000円くらいです。
4. 一番お勧めのシーズンはやはり桜が咲く4月でしょうね。これは残念でした。
(2014.9.2)
[PR]
by tochimembow | 2014-09-02 16:48 | アメリカの旅

アーリントン墓地とホワイトハウス

国にとって重要なお墓というと、戦没者を奉る場所となりますが、日本では靖国神社がいつも問題となります。アメリカではワシントン郊外のバージニア州アーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery)が最も大きな戦没者の墓地であり、国民全体から敬意を受ける場所であるとともに、観光スポットの一つにもなっています。
e0207997_1152023.jpg
地下鉄で行くことができます。この日も暑く、じりじり日が照りつける中で広い墓地の中を歩くのはかなり苦しいところでした。
ここで有名なのはケネディ大統領の墓です。ジャクリーン夫人と並んで埋葬されています。左がケネディ大統領、右が夫人の墓です。
e0207997_1154541.jpg
大統領はアーリントンに埋葬される権利がありますが、ほとんどの大統領は故郷に埋葬するよう遺言を残しますので、アーリントンに埋葬されている大統領はケネディとタフト大統領(第27代)だけです。
一般軍人の墓石は同じ形のものが整然と並んでいて、数が多すぎて、自分の家族の墓を見つけるのに1日かかったという話もあります。ここは戦没者だけでなく、政治家、実業家の墓もあります。
e0207997_127622.jpg

観光客が訪れるのはケネディの墓の他に無名戦士の墓(Tomb of the Unknowns)があります。日本では千鳥ヶ淵戦没者墓苑に相当するでしょうか。アメリカ大統領を訪問する国家元首はこの無名戦士の墓に献花することが多く、麻生元首相や安倍首相も訪れ、そのとき贈呈した日本の美術品が陳列されています。墓の前には衛兵がいて、衛兵は墓の前を正確に21秒間で21歩歩き、それから向きを変えてまた21秒間で21歩歩き、銃を捧げる動作をしています。21の意味は、アメリカの重要な国歌儀式では21発の礼砲を放つことから来ています。1年365日、1日24時間、雪が降っても、嵐が来てもその行動を続けます。夏は30分、冬は1時間勤めると次の衛兵との交替式があるそうですが、あいにく見ることができませんでした。この衛兵の役を務めるのは大変名誉なことだそうです。
e0207997_1219191.jpg


アーリントン墓地の次はダウンタウンにあるフォード劇場(Ford Theater)行きました。1865年4月14日、リンカーン大統領はここの貴賓席で観劇をしているとき、南軍派だったジョン・ウィルクス・ブースに背後から狙撃され、通りの向かい側にある民家に運ばれ、救急処置を受けましたが、そこで翌日に息を引き取りました。ブースは仲間と共謀して副大統領、国務長官も暗殺し、政府転覆を狙っていました。写真はリンカーンが座っていた席です(左側に座っていた)。
e0207997_1228104.jpg

フォード劇場は今でも劇場として使われています。

最後に行ったのがホワイトハウスです。30年前にワシントンDCに来たときは中を見学することができましたが、今は連邦予算削減で担当職員を減らしたため見学できなくなっています。観光客は塀の外から眺めるだけです。
e0207997_1235812.jpg

オバマさん、出てこないかなぁ。

この日はJohnとCharletteの結婚35年記念日だったため、ホワイトハウスのすぐ近くのレストランでJohnの孫娘夫婦を交えてディナーで祝いました。(2014.9.1)
[PR]
by tochimembow | 2014-09-01 23:44 | アメリカの旅
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30