人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

富士山を見たくて

新緑の季節、まだたっぷり雪をかぶっている富士山を見たくなりました。電車で行って、バスを使わずに登れて、富士山が見える山という条件で検索したら、山梨県大月市と都留市の境にある高川山(976メートル)という山が見つかりきました。ここにしようと天気予報で晴れの日、4月29日に決めました。自宅を6時30分に出て、電車を2回乗り換え、中央線初狩駅に着いたのが9時30分でした。駅に着いてわかったのですが、初狩は山本周五郎の生地でした。この駅で降りた登山姿の乗客は約20人ほどでした。他にもいくつか登る山があるようです。

駅から約30分林道を歩くと[高川山(男坂・女坂)]という標識の登山口があり、そこから登り始めました。久し振りの山歩きで、きつく感じますが、ここは初級者向きの山です。所々に「クマ出没 注意!」という看板があり、登山者の中にはカウベルをぶら下げて、音を鳴らしながら歩いている人が結構います。もちろん九州の山ではこういう看板はありません。

新緑がきれいでした。
e0207997_2241583.jpg

途中で男坂と女坂の分岐点がありますが、また合流するようになっています。何となく女坂の方が易しいかなと思い、そちらを選びました。男坂との合流点近くで、樹幹から富士山が見えました。
e0207997_22443162.jpg

大きな富士山に感動です。

合流点から20分ほど登ると頂上に着きました。駅から1時間半でした。
頂上は360度の展望で、20人ほどの人がいました。富士山の全景が見えます。
e0207997_22475337.jpg

次から次へと人が登ってくるので、結構有名な山なのかもしれません。南アルプスの甲斐駒ヶ岳らしい雪をかぶった山が見えましたが、写真を撮ってあとで見たら、写っていませんでした。

30分くらい経つと、富士山の中腹に雲がかかり、そのまま動かなくなりました。朝早く登ってよかったです。午後になるとかすんでくるし、雲がかかってよく見えなくなるでしょう。
e0207997_2257245.jpg


そこから富士急田野倉駅を目指して下山しました。新緑の林の中を歩くのはとても気持ちがいいものです。
e0207997_22582128.jpg


午後1時18分の富士急に乗り、大月、高尾、中野で乗り換え帰宅しました。近い距離で美しい富士山を見ることができ大満足のハイキングでした。
(2016.4.29)
[PR]
# by tochimembow | 2016-05-01 23:00 | 新生活スタート

我が家の周辺

私たちが住むマンションは船橋市にある私鉄の駅からわずか1分、雨のとき傘をささなくてもほとんど濡れずに駅に行けます。ベランダの目の前は線路で、夏窓を開けているとうるさいのが欠点ですが、線路の向こうは林があり、山桜、桃、ボケ、コブシなどの花木があります。
e0207997_18325127.jpg

今は新緑がきれいで、緑を眺めながら朝食を摂ります。
e0207997_1829126.jpg

この林にはキジの夫婦が住んでいて、朝はキジが鳴く声が聞こえます。林の中に池があり、その池からせせらぎが流れて約500メートル離れた近隣公園の大きな池にそそいでいます。
e0207997_18385228.jpg

マンションを購入するときはこういう自然があることを全く知りませんでした。引っ越してきて、まさにラッキーという幹事でした。
[PR]
# by tochimembow | 2016-04-16 19:07 | 新生活スタート

千鳥ヶ淵の桜

桜満開のシーズンとなり、どこでも桜の写真で溢れています。

ですから目新しいものではありませんが、千鳥ヶ淵の桜を観に行きましたので、ご紹介します。
説明はいらないと思います。千鳥ヶ淵は桜の樹齢が長く、花はもちろんきれいですが、樹そのものが立派なのが気に入っています。
e0207997_19272873.jpg
e0207997_19274557.jpg

お濠の水とのコントラストもいいですね。

写真には写っていませんが、ものすごい人出でした。しかし、上野公園のようにシートを敷いて宴会をするスペースはありませんので、花見には格好です。
e0207997_1930986.jpg

e0207997_194130100.jpg

九段下駅から北の丸公園に寄り、お濠伝いに半蔵門駅まで歩きましたが、各国の人が来ていて、国際色豊かな花見でした。
e0207997_19322968.jpg

半蔵門から日本橋に行きましたが、昔日本橋があったところに1本美しい桜がありました。旧の野村證券本社前です。
e0207997_19333659.jpg


桜は木の数より、樹の姿がいいものが美しいですね。

(2016.4.2)
[PR]
# by tochimembow | 2016-04-02 19:23 | 日本の自然

小湊鐵道と菜の花

小湊鐵道(鉄道ではない)は千葉県の五井と上総中野(どちらも聞いたことがなく場所の見当がつきませんが)の間を走る超ローカルな私鉄です。

房総半島の中心部に養老渓谷と養老温泉という場所があり、そこに行ったとき養老渓谷駅の手前の小高い場所に大勢の人が下を見ていました。野次馬根性で我々も見に行くと、下に満開の菜の花畑が広がっています。
e0207997_2021787.jpg

これはなかなか見事だと下に降りていきました。
e0207997_203231.jpg

菜の花畑の中を線路が走っていて、これがよくテレビやポスターで見る小湊鐵道かと気がつきました。
e0207997_21494618.jpg

1時間に1本くらいしか来ない電車なので、待っててもだめかと思ったら、本格的な一眼レフを持った人やドローンを飛ばす人が集まってきました。あと10分くらいで電車が来るというので、待っていると電車が菜の花畑に入るとゆっくり走るようになり、おなじみの光景を見ることができました。わずか2両編成ですが、乗客より畑の中で電車を見ている人の方がはるかに多いです。この菜の花は桜が咲く頃まで咲いているので、その頃の電車風景を撮れると最高だったのですが。



ともかく首都圏でこれだけのんびりした春の風景を見ることができ大満足でした。

(2016.3.20)
[PR]
# by tochimembow | 2016-03-20 19:42 | 日本の自然
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31