人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

ベトナム紀行 2.フエから天国の洞窟へ

11月27日(月) フエに移動

ハノイからベトジェット航空(Vietjet Air)で1時間10分、中部にある都市フエHueに飛びました。後でわかったのですが、ベトジェットはLCC(格安航空)で、国内で最も大きな航空会社はベトナム航空です。ホテルが手配してくれたシャトルで約40分、2時頃にホテル・インドシナ(Hotel Indochine Palace)にチェックインしました(料金は36万ドン、タクシー料金の10%引きにしてくれました)。
e0207997_10491456.jpg
TripAdvisorなどでは評価が高いホテル(10点満点で9.3ポイント)です。繁華街の南端から歩いて5分くらいのところにあります。
e0207997_10555916.jpg
部屋は45平方メートルあります。ウエルカムフルーツとしてドラゴンフルーツ(右の赤い果物)、マンゴー(左の緑の果物)、多分パパイヤ(黄色)、ミカンが置いてありました。ドラゴンフルーツとパパイヤは甘かったのですが、マンゴーは硬くて、あまり甘くありませんでした。宮崎のマンゴーは柔らかく、とても甘いのですが、値段は原産地の人が聞いたらびっくりするくらい高く、東南アジアのマンゴーとは別の果物と考えた方がいいでしょうね。

部屋の窓から見下ろす道路ではやはりバイクが走り回っています。数はハノイよりやや少ないでしょうか。
e0207997_19003169.jpg
TripAdvisorでホテルから近いレストランを調べて、いくつかの候補をコンシェルジェに見せて、どこがいいかと相談したらHanh Restaurant Local Foodを勧められました。歩いて行ける距離だというので、夕方出かけましたが、ホテルと繁華街の間に片側3車線の大きな交差点があります。しかし信号がありません。横断歩道のマークはありますが、歩いて渡る人などいません。見ていると直進する車やバイクがやや少なくなると一斉に右折、左折が始まります。つまり間断なく車やバイクが走り抜けます。どうしよう、ホテルに戻ってタクシーで行くか、思案しましたが、思い切って車がやや少ないタイミングで、手を挙げてバイクに合図しながら中央分離帯まで走って渡りました。そうすると意外にバイクは止まってくれます。同じようにして中央分離帯から反対側の道路まで走りました。命がけの道路横断でした。考えてみたら日本で高速道路を走って横断するような無謀な冒険ですね。

レストランは庶民的な大衆食堂のような店でしたが、外国人の客が多くいました。注文したものはBun thit nuong(左:ブンという麺), Banh Khoi (中:お好み焼きのようなもの), Gol cuing tom thit(春巻)とビールです。ベトナムには麺料理が多く、有名なフォー(pho)は丸い麺であるのに対して、ブンは平たい麺で、製法も異なるようです。フエはブンが主流です。

e0207997_11274884.jpg
これだけでビールを含めて11万ドン(約550円)。安いでしょう。

食事の後はタクシーを拾って帰りました。32,000ドン、約160円、山手線の最低運賃くらい。行くときもタクシーにすればよかった。

11月28日(火) 天国の洞窟ツアー
ベトナムにある世界自然遺産は先日行ったハロン湾とフエ近郊にあるフォンニャ・ケバン国立公園です。フォンニャ・ケバン国立公園には約300の洞窟(鍾乳洞)があり、その中でも有名なフォンニャ洞窟は船で川から洞窟の穴をくぐって、入口に着き、そこから歩くことになります。そのため川の水位が高いと穴をくぐることができず、結局雨期であるこの時期はツアーが中止となりました。代わりにフォンニャ洞窟からさらに車で40分ほど行ったところにある天国の洞窟 Paradise Caveはツアーを催行していましたので、それを申し込みました。ここも国立公園の一部のようです。朝8時にホテルへニャントさんという男性が迎えに来ました。「何人参加ですか?」と聞くと「お客様一人です」と言われ、それでは料金が倍になるが仕方ないと思いながら出発しました。ミニバンがラオスとの国境に向かって、約5時間走りました。途中でグアバの畑、アヒルの養殖地、水牛の村などを見ながらひたすら走ります。ベトナムの農村風景はのんびりして、道路を牛が歩いていたり、ニワトリが飛び出したりで、なかなか面白いです。昼頃にレストランで昼食を取りました。写真は提供された昼食です。
e0207997_17333710.jpg
春巻、鶏肉炒め、豚肉・野菜炒め、野菜炒め、スープ、フレンチフライ(なぜ?)、ご飯とこれを一人で全部食べろというわけです。がんばって半分くらい食べたらお腹がいっぱいになりました。

そこから少しで天国の洞窟の駐車場に着きました。電気自動車に乗りかえて洞窟の近くまで行き、そこから坂道を約10分歩いて上ります。雨はしとしと降っていましたが、洞窟に入れば雨は関係ありません。
e0207997_17405868.jpg
天国の洞窟は2005年に発見され、遊歩道などが整備され、つい最近公開されたものです。全長31キロあるといわれていますが、公開されているのはほんの一部で、大部分はいまだ調査中だそうです。入ってみて中が広いのにびっくりしました。高さは一番高いところで80メートルあるそうです。ハロン湾の洞窟の10倍以上あります。ハロン湾洞窟は極彩色のライトアップがされていましたが、ここは自然な光を使っています。
e0207997_17541650.jpg
e0207997_17554675.jpg
現時点で世界一大きな洞窟はこの国立公園にあるソンドン洞(全長9キロ)だそうですが、この洞窟の全貌が明らかになったら、天国の洞窟の方が大きいことが明らかになるでしょう。
e0207997_17564579.jpg
とにかく想像をたくましくさせる奇岩の群れで、何に見えるかはご想像にまかせます。
e0207997_17590577.jpg
e0207997_17594972.jpg
上の写真はウサギに見えますか?
e0207997_18011269.jpg
日本では秋芳洞が、ニュージーランドではワイトモという地方が鍾乳洞が多いことで有名ですが、これだけスケールの大きな鍾乳洞は見たことがありません。ただただ圧倒されます。

車に乗っている時間が10時間、洞窟内を歩くのが1時間でしたが、それだけ遠くても十分満足のいくツアーでした。
帰りは繁華街で一番ブン・ボー・フエがおいしい店のところで下ろしてくれと頼んだら、小さい店を紹介してくれました。フエに行ったらブン・ボーフエをぜひ食べろと言われていたのですが、昨日のレストランにはありませんでした。
e0207997_18273593.jpg
昨日食べたブンは汁なしですが、ブン・ボーフエはスープ麺です。上に見える黒いものは豚か牛の血を固めたものだそうで、あまりおいしくはありません。それ以外は大変美味でした。パクチーが別皿に山盛りでのっていますので、それを入れて食べました。唐辛子も置いてありましたが、一切れを口にしたら激烈な辛さで、完全に味覚が麻痺してしまい、いくらビールを流し込んでも和らがず、口に入れたことを後悔しました。

昼に食べ過ぎたので、今日はこれで終わりとしました。

[PR]
# by tochimembow | 2017-12-06 18:45 | ベトナム紀行

ベトナム紀行 1.ハノイ周辺

ベトナムに行ってみたいと以前から思っていました。その理由は、戦争でフランスとアメリカに勝った世界唯一の国に興味があることとベトナム料理を堪能したいことです。

ハノイやホーチミンに住んでいる人から11月、12月は乾期で、ホーチミンもそれほど暑くないと聞いていたので、11月終わりから12月始めを旅行時期と決めました。実は、フエ、ダナンなど中部はその頃雨期であることを飛行機の手配が終わってから知りました。北、南そして古都である中部をめぐるには、いつ行ってもどこかで雨を覚悟しなければなりません。

11月25日(日)ハノイ到着
ハノイ行きのANAは羽田から出発し、約6時間の飛行で、ハノイのノイバイ空港に着きました。市の中心に行くバスはスリやひったくりの巣窟だから、タクシーで行けとガイドブックやネットに書かれています。タクシーは大手であるハノイタクシー、ノイバイタクシー、マイリンタクシーから選べ、雲助タクシーにうっかり乗るとぼられるとあるので、慎重にタクシーを探しているとやたら客引きの男がうちのタクシーに乗れと声をかけてきます。20万ドン(約1,000円)で行くなどと言うタクシーもありますが、そういうのに限って危ない。メーターがついているノイバイタクシーを選びました。ホテル・ニッコーまで約45分、46万ドン(2,300円)でした。

ベトナムに来ての第一印象はとにかくバイクが多いことです。車の10倍の台数がメダカの群れのように走っています。しかも信号が少なく、信号のない交差点を車とバイクがぶつからずに、右折、左折するのは神業のようです。ここで日本人が車を運転することはまず不可能です。ベトナムに来てレンタカーを運転することは絶対にお勧めしません。
e0207997_19003169.jpg

ホテルニッコーはハノイで唯一の日系ホテルです。部屋は48平方メートルあるので、一人では広すぎます。ホテルの前は小さい公園があり、その隣りにサーカスがありますが、その通りと交差する道路には細長い幅のビル(アパートのようだ)が並んでいます。
e0207997_19053565.jpg
なぜうなぎの寝床のようなビルが多いのか?翌日のツアーで、ベトナム人ガイドが、ビルの一階には店舗が入っているが、間口が広いと店が払う税金が高くなるからだと説明していました(今はその間口税は撤廃されたらしい)。ベトナムは地震がないため、建築物はレンガ造りが多く、鉄筋コンクリートでも耐震・免震構造にはなっていません。

夜、食事に行こうと、ネットで調べたらホテルから歩いて行けるところに評価の高い店が2,3あったので、徒歩圏内の店を探すことにしました。お目当ての店はホテルの裏側にありますが、そこは下町で、歩道にはバイクがたくさん置いてあって通れず、しかも歩道は決壊しているところが多く、車道を歩かなければならず危険です。交差点に横断歩道はありますが、歩行者優先はありそうもなく、道路の横断はよっぽど注意しなければバイクにはねられます。一人で歩いている外国人は見当たらず、たむろしている大勢の人がからんできそうな気がして、あきらめてホテルに戻って高い食事を済ませました。

11月26日(日) ハロン湾ツアー
朝8時、ホテルに迎えに来たJTBのバスでハロン湾ツアーに出かけました。客は23名で、ガイドは2人いました。一人は日本の大学を卒業したそうで、日本語の語彙が豊富でした。ただし、日本語でやたらだじゃれ(しかも面白くない)を連発するのには閉口しました。もう一人も日本語は上手で、ベトナムの経済や産業について上手に解説してくれました。ハロン湾まで4時間かかりますから、そのあいだじゅう説明するには二人必要なのでしょう。

ガイドから聞いたベトナム人の生活。平均月収は3万円くらい。ただし、日本語を話すガイドは倍の給料をもらっているらしい。主な通勤手段はバイクだが、バイクはホンダが最も多い。10~20万円するので、ベトナム人にとってバイクの購入はかなりの出費となる。バイクには大人2人まで乗れ、子供は3人乗せることができる。そこで大人2人、子供3人、計5人が乗る場合もある。ヘルメットはかぶらなければならないが、かぶっていない人も多い。免許は20歳からだが、50CCバイクは中学生から乗れる。車はまだ庶民が手が届くものではない。

経済成長率は6.5%前後だから、中国と同じくらいか。これだけ多くの若者がバイクに乗っている姿はベトナムの若さとエネルギーを象徴しているように思えます。中国はまもなく高齢化社会を迎えようとしていますので、ベトナムがこのエネルギーでさらに経済成長率を高めていくと、生活水準は中国に追いついてくるかもしれません。

途中で1回トイレ休憩があり、昼近くにハロン湾に着き、クルーズ船に乗り換えると、すぐにランチが出ました。ランチメニューは、茹でた海老、あさり、揚げ春巻き、ワタリガニ甲羅揚げ、イカすり身のさつま揚げ、魚竜田揚げのあんかけ、ご飯と盛りだくさんです。写真はワタリガニ(左:ソフトシェルクラブ)甲羅揚げと春巻き(右)ですが、ソフトシェルクラブはホーチミンのThe Deckというレストランで食べたものの方が断然美味でした。(写真は3人分のかにと春巻きです)
e0207997_14195573.jpg
ハロン湾には約3,000の島、奇岩があり、世界自然遺産に指定されています。
e0207997_14451181.jpg
下の写真は雄鳥と雌鳥がキスしようとしているという岩です。
e0207997_14391160.jpg
その島の一つダウゴー島にある洞窟ティエンクン洞(Dong(洞) Thien(天) Cung(宮)=天宮洞)に立ち寄りました。
e0207997_16203228.jpg

この鍾乳洞は広さが野球場くらいで、高さは20メートルほどです。
e0207997_14474917.jpg
e0207997_14472021.jpg
赤、青、緑、黄色などでライトアップされていますが、いろいろな色を使うため場末の飲み屋街のようでかえって安っぽく見えます。
天井の1個所に穴が空いていて、そこから外に出るようになっています。
e0207997_14510924.jpg
25年ほど前、この穴から覗き込んだ人が中が鍾乳洞になっていることを発見しました。その発見者はこの鍾乳洞でハロン湾の観光収入が増えたので、報奨金を払うよう政府に要求し続けていますが、無視され続けているそうです。

ハロン湾クルージングが終わって、ハノイに戻りました。このツアーにはオプションでディナーがついていたので、レストランを探す手間を省くため、それを申し込みました。夕食はSeasons of Hanoiというところでした(47万ドン、2,350円、TripAdvisorでは☆4となっている)。
e0207997_14591999.jpg
料理はフォー・ボー、生春巻き、牛肉の炒め物など。ディナーの後はホテルへ送ってもらいました。
e0207997_15364809.jpg
結局、ハノイの町はほとんど歩きませんでした。

※ベトナム旅行のTips 1 両替
円をベトナムドンに替えるときは、日本国内よりベトナムに入ってからの方が有利です。羽田で両替したら、1円=157ドンだったのに、ハノイ空港では1円=203ドンでした。同じハノイ空港の中でも、銀行によって両替率が異なるので、換算表をよく見た上で店を選ぶべきです。余ったドンを円に替えるときもベトナム国内をお勧めします。

※ベトナム旅行のTips 2 ツアー催行会社の選び方
現地ツアーはVeltraという会社が一番手広くやっていて、その他にJTB、H.I.S.も催行しています。JTBツアーは1回しか参加していないので、断言はできませんが、VeltraよりJTBの方がベトナム人ガイドの日本語が上手なような気がします。料金はやや高めですが、同じ行き先でJTBとVeltraがあったら、JTBを選ぶ方がよいかもしれません。(Veltraは世界中で商売しています。Veltraが直接やっているわけではなく、現地の旅行会社を使っているだけですが)

※ベトナム旅行のTips 3 ツアー料金、一人は高い
一人旅行で現地ツアーに参加する場合、催行人数が一人だけだと料金が倍になる企画が多く設定されています。フエで2回、ホーチミンで1回のツアーは参加者が私一人で、倍の料金を請求されました。これは世界中、同じでしょう。またキャンセルポリシーをよく読んで、何日前までにキャンセルすれば全額返金されるかを調べておく必要があります。





[PR]
# by tochimembow | 2017-12-05 15:38 | ベトナム紀行

紅葉 2017

関東の紅葉を見にいくつかの場所に行きました。今年の紅葉は、赤が鮮やかでなく、くすんだ暗い赤です。雨が多かったせいでしょうか。

赤城神社付近(10月22日)
e0207997_17302426.jpg
e0207997_17304287.jpg
e0207997_17311257.jpg


奥多摩・御岳山(11月17日)
e0207997_17314193.jpg
e0207997_17331483.jpg
e0207997_17335188.jpg


松戸市・本土寺(11月20日)
e0207997_17360454.jpg
e0207997_17363232.jpg
e0207997_17370932.jpg
e0207997_17383770.jpg

新宿御苑(11月23日)
e0207997_17391523.jpg
e0207997_17393225.jpg

[PR]
# by tochimembow | 2017-12-04 17:42 | 日本の自然

ロッキーマウンテン国立公園(コロラド)を歩く

オハイオに住むJohn & Charlette夫妻とはほぼ3年に1回一緒に旅をしています。今回はコロラドのロッキーマウンテン国立公園を歩くことにしました。Johnは80歳を超えていて、山道はきつそうなので、平坦な道のウォーキングコースを探しました。

8月18日、デンバー空港で落ち合って、その日は空港近くのホテルに泊まり、翌日からJohnがレンタカーを運転して国立公園内をドライブしました。

8月19日(土)
1日目は公園のスカイラインにあたるTrail Ridge Roadを走ってロッキー山脈の高い山並みを眺めました。

道路の最高地点は標高3,713メートルで、ビジターセンターが近くにあり、富士山頂よりやや低い地点まで車で行くことができます。
e0207997_07391668.jpg
そこから歩いて約100メートル上の展望台まで登りましたが、車で一気に上ったためか、登っているうちに軽い高山病のような気分になりました。Johnはあの階段はごめんだとビジターセンターで小休止です。
e0207997_07432542.jpg
頂上からの眺めは雄大で、360度見渡すことができます。8月終わりですが、雪渓が残っています。7月であればもっと雪を見ることができるでしょう。
e0207997_07505225.jpg
この日はコロラドスプリングスに住むJohnの息子Ken夫妻も来たので、Estes Parkのレストランでディナーでした。私はバイソン(バッファロー)のステーキを頂きました。夜は4人でEstes Parkにあるキャビンに泊まって、いつものようにおしゃべりです。この日の主な話題はトランプ大統領でした。彼らはトランプは1年持たないだろうと言っています。この国立公園内には宿泊施設を作ることができず、Estes Parkのホテルやロッジに泊まらなければなりません。そのためEstes Parkは大きなリゾート地となっています。

8月20日(日)
翌日は日曜日ですが、ビジターセンター職員の話では、学校が始まる前の最後のウィークエンドのため相当な人が来て、公園の中心であるBear Lakeは車を駐められないだろうから、車で行くなら6時半頃に行くか、あるいはシャトルバスを使いなさいと言われました。少し遠いがWild Basin地区の方が空いているだろうからそこに行くのも一案だと勧められました。この国立公園は何カ所かPark & Ride(自家用車を駐車してシャトルバスに乗り換える場所)があり、シャトルバスは無料で、15分間隔で出ますからとても便利です。

Wild Basin AreaはEstes Parkから7号線を南に約20分下って、未舗装の道路を約4km行くと、ハイキングコースの起点に駐車場があります。駐車場はかなり混んでいましたが、何とか車を駐めることができました。イージーハイキングとして3つの滝巡りをすることにしました。駐車場から500メートルほど歩くと、Copeland Fallsに出ました。

e0207997_12013580.jpg
日本では滝はありふれているので、そんなに感動はありません。Charletteは"very beautiful"と喜んでいます。そこから2.5キロほど行くとCalypso Cascadesという滝があります。

e0207997_12131410.jpg
このあたりでJohnがへばっているようなので、引き返そうかと言ったら「まだ大丈夫」というので、さらにOuzel Fallsまで進みました。
e0207997_12181426.jpg
正直、日本にはもっと見応えのある滝がたくさんあります。ここまで4.5キロ歩いていますから、往復9キロ以上となります。高度差は230メートルしかありませんが、80歳を超えるJohnには辛いハイキングだったでしょう。

夜はスパゲティミートボールを作って夕食、その後おしゃべりに花を咲かせました。

8月21日(月)
アメリカに来る前、JohnとCharletteとSkypeで話しているとき、8月21日はeclipseだぞと興奮しながら言っていました。eclipseがよく聞き取れず、それは何かと聞いたら太陽と地球の間に月が入って、太陽が隠れという意味のことを言っているらしく、日食のことかと察しがつきました。アメリカに来てみたら皆既日食が見られると大騒ぎです。100%の日食が見られるのはワイオミングなどアメリカ北部で、100万人以上が日食観測で北へ移動したそうです。コロラドでも90%の日食になるのでJohnは我々のために日食観測メガネを買ってくれ、この日10時頃にEstes Parkの公園に行き待機していました。
e0207997_13433877.jpg
ピークは11時40分頃です。それまでよく晴れていた空が11時を過ぎると雲が出てきて、日食が始まるとともに太陽が隠れ始めました。雲のせいだけではなく、あたりが暗くなり、気温が下がってきました。時々雲の切れ間から欠けた太陽が現れ、そのたびに大拍手です。太陽って意外と小さいものですね。
e0207997_13483610.jpg
日食のあと、ハイキングです。この日はBear Lakeを起点に、4つの湖を回る計画です。Bear Lakeに向かっていたら、Bear Lake駐車場は満杯だから、シャトルバスを使いなさいという標識があったので、Park & Rideに車を駐めて、シャトルバスでBear Lakeに着きました。実際は数台分駐車スペースがありましたが。

駐車場のすぐそばがBear Lakeです。
e0207997_13495769.jpg
湖の向こうにHalett Peak (3,877メートル)が見えます。そこから1.8キロ歩いてNymph Lakeに着きました。
e0207997_13532639.jpg
小さな湖ですが、蓮の花が咲いていて、日本的な感じがします。
e0207997_13543129.jpg
Nymph Lakeを見下ろす岩の上に立つ我々です。さらに進んで、Dream Lakeに着きました。ここまで来ると山がかなり迫ってきます。
e0207997_13585951.jpg
もうこの辺で引き返そうかと言いましたが、Johnは「まだ大丈夫」というので、Emerald Lakeまで進みました。ちょっと歩いては小休止を繰り返しながら、ついにEmerald Lakeに着きました。Bear Lake駐車場からここまで片道3キロ、605メートル登ったことになります。
e0207997_14033349.jpg
往復6キロですから、さすがに私もくたびれました。滝は日本でもよく見るので、日本人にとってロッキー山脈は滝より美しい湖の方がいいのではないでしょうか。

途中でエルク(鹿の一種)やチップマンク(リスの仲間)に出会いました。リスやチップマンクはやたら出没して、人に寄ってきます。
e0207997_14145470.jpg
夜はスーパーで買ったハーブで味付けしたポークを焼いて夕食としました。日本ではこんなに美味しく味付けしたポークは売っていません。

8月22日(火)
ロッキー最後の日はビジターセンターのガイドがお勧めのSprague Lakeに行きました。
e0207997_14082589.jpg
Estes Parkに近い湖ですが、結構広くて、美しく、私は今回めぐった湖の中では最も気に入りました。湖水に映る山や雲がきれいでした。
e0207997_14130885.jpg
その後、デンバーに向かい、空港近くのホテルに泊まり、翌朝我々は日本への帰途につきました。この4日間に45,000歩歩きました。Johnはずっと運転もし、さぞかし疲れたでしょう。

再会した当初は彼らの英語がうまく聞き取れませんでしたが、4日間生活を共にするとだんだんわかるようになりました。耳が慣れてきたこともありますが、彼らが、我々が聞き取れるようにゆっくり話すよう努めてくれたこともあります。

カナディアンロッキーとコロラドロッキー
私はカナディアンロッキーに2回、コロラドのロッキーに2回行きましたが、どちらがいいかというと、カナディアンロッキーの方が好きです。カナディアンロッキーはスケールが大きく、美しい湖が多く、コロンビア大氷原など氷河の上を歩くこともでき、変化に富んでいます。広さはカナディアンロッキーの方が数倍あります。絵になる景色もカナディアンロッキーの方がたくさんあります。バンフ、ジャスパー、ヨーホー、クートニーと4つの国立公園があり、それぞれ特色があります。もし、どちらにしようかと迷っていたらカナディアンロッキーをお勧めします。一生忘れられない想い出になるでしょう。滞在日数が少ない場合は、コロラドロッキーがコンパクトでいいでしょう。どちらに行っても、美しい景色を堪能することができます。


資料のダウンロード
ロッキー国立公園全体の地図 https://www.nps.gov/romo/planyourvisit/maps.htm
Bear Lake付近のガイド https://www.nps.gov/romo/planyourvisit/upload/Trail-Guides-Bear-Lake-Summer-Trails-Guide-2016-Digital.pdf
Wild Basin Areaのガイド https://www.nps.gov/romo/planyourvisit/upload/Trail-Guides-Wild-Basin-Summer-2016-digital.pdf




[PR]
# by tochimembow | 2017-08-25 07:58 | アメリカの旅
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31