人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

NZドライブの怪

ニュージーランドは日本と同じ左側通行なので、左右を間違える心配はありませんが、日本と異なるルールがあります。

1)ラウンドアバウト交差点の怪 ここにはラウンドアバウトという信号のないロータリーの交差点が多くあります。これはイギリスから来た方式ですが、この四つ角ではまず車は左折でロータリーに入り、時計方向に回りながら自分が行きたい車線に出て行きます。ロータリーに入るときは右から来る車が優先です。右の車線に行きたいときは右のウインカーを出して左折でロータリーに入り、目的の車線に出るときに左折のウインカーを出します(図の1)。ややこしい!最初、左折するのに右のウインカーを出すなんて。
e0207997_1146446.gif

(http://abroad.driver.jp/img/manual2.gifからのパクリ)

2)制限速度の怪 市外走行中、突然制限速度100kmの標識が出てきます。100kmで走っていると、今度は突然50kmになります。100kmから一気に50kmに速度を落とすなんて無理じゃないかなぁ。次に速度が変わるまで標識がないので、標識を見落とすとここは何キロで走れるのだろうと不安になります。日南海岸のようにカーブが多い道で100kmの速度標識が出たりもします。こんなところでどうやったら100kmで走れるんだろう?

3)右折優先の怪 四つ角で自分が左折しようとしているとき反対車線から右折しようとする車があると右折車が優先です。これは日本と逆です。外国人がニュージーランドに来て、このルールを知らないためよく事故を起こすので、2012年に左折優先に変えるそうですが、かなり混乱するのじゃないかなぁ。

4)道路の名前の怪 欧米、オセアニアはどこも道路は地名や人の名前がついていて、住所も道路の名前で表します。たとえば私の住所は72B Crafton Streetです。まっすぐ伸びる道をひたすら走っていると突然道路の名前が変わります。地図を見てもどこから変わるか書いてありません。これが私が道に迷う原因の一つです。同じ道路なのになぜ名前を変えるんだろうと思います。想像ですが、昔、有力者が「あそこからここまでは俺の名前をつける。ここから向こうはお前の名前をつけろ」とでも言って名前をつけたのではないでしょうか。

5)自動車保険の怪 この国では車で死亡事故を起こしても賠償責任がありません。政府が賠償します。だから保険に加入しない人が多いそうです。どういう仕組みなのかもう少し調べてみます。医者や弁護士をひき殺しても同額なのかなぁ。

6)トンネルではヘッドライトを点けるな!? クライストチャーチからリテルトンLytteltonという小さな港町に行く間に長さ約2キロのトンネルがあります。このトンネルに入ったとき、日本の習慣でヘッド・ライトを点けて走りましたが、対向車を見ると誰もヘッド・ライトを点けていません。皆、スモール・ランプを点けています。同じ道を戻るとき、トンネルの入口に"Park Lights ON"と書いた標識があります。その標識は最初にトンネルに入るときにも見たのですが、意味が分かりませんでした。2回目でPark light(駐車灯)=スモール・ランプのことだと分かりました。ヘッド・ライトではなくスモール・ランプを点けて走りなさいという意味でした。スモール・ランプは和製英語ですね。このトンネルは照明があるので、スモールでいいけど、照明がないところはヘッド・ライトでしょうね。
[PR]
by tochimembow | 2010-10-13 11:48 | 車のこと
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30