人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

Port Hills テクテク その2 羊をめぐる冒険

先日ご紹介したポート・ヒルズはトレッキングの本があるほど多くのコースがあります。今日は別のルートを歩いてみました。Sign of the Kiwiというポイントに車を置いて歩き始めました。
e0207997_5501926.jpg

 ポート・ヒルズではまず写真のようなフェンスを踏み台を使って乗り越えなければなりません。なぜこのようにしているかはあとで説明します。
e0207997_5305558.jpg


西側に見えるサザン・アルプスを300mmの望遠で撮った写真です。NZの最高峰マウント・クック(富士山と同じくらいの高さ)がこの中にあるのかどうか定かではありません。
e0207997_5323950.jpg

同じ望遠でクライストチャーチの中心部を撮りました。高層ビルがないでしょう。クライストチャーチで一番高い建物は23階なので日本の地方都市の方が高いビルがありますね。
e0207997_642712.jpg


羊君の初登場です。「よろしく」
e0207997_5375777.jpg

子羊君も「よろしく」と言っています。
e0207997_5385183.jpg

ひたすら歩けば50分くらいのコースでした。

ポート・ヒルズでは写真のように車道の一部を舗装ではなく、鉄道のレールを20cmくらいの間隔で横に組んですのこにしているところがあります。最初はスピードの出し過ぎを押さえるためかと思っていましたが、これは羊が通れないようにする仕掛けのようです。このくらいの隙間があると羊は通れません。
e0207997_5443610.jpg

ポート・ヒルズ全体がヒツジの牧場になっていて、その中を車道や歩道が通っているのです。
e0207997_5461696.jpg

だからトレッキングのスタート地点にフェンスを乗り越える踏み台があったのです。

羊の群れがいるところを歩くときは下をよく見ていなければなりません。そうでないと「ぐにゅっ」と柔らかいものを踏んでしまいます。
(2010/10/20)
[PR]
by tochimembow | 2010-10-21 05:34 | ウオーキング
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30