人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

初のスピード違反検挙

アーサーズ・パスからの帰りはずっと下り勾配なので、ついスピードが出てしまい、前の車も同じスピードだからいいかと追従していると反対車線から緑のプジョーが来ました。その車が急停車してUターンし、ダッシュボードに赤と青に点灯するランプが現れて、追っかけてきたので「しまった!」と思いましたが、すでに遅し。路肩に車を停めると、おまわりさんが「ハロー」とかいいながら降りてきて「メーターが115キロと言ってるよ」と嬉しそうに言います。「僕は日本から来たばかりで交通ルールをよく知らないし~」とか、「前の車と同じスピードで走っていたのに~」とか言ってあがきましたが、敵は捕らえた獲物を放しません。結局15キロオーバーで80ドルの罰金になったのですが、尋問を受けながら雑談になりました。そのさわりを。
 おまわりさん「何しにニュージーランドに来たんだ?」
 私『定年退職したからホリデー*で来たんだよ』
 「ホリダイか。結構、結構。定年まで何をしてたんだ?」
 『大学に勤めてたよ』
 「(免許証を見て)今65歳だな、お前は若いよ。俺は68だよ」
 『68?68って定年にならないの? 』
 「前は定年制があったけど、制度が変わって体がしっかりしていればずっと働けるんだよ」
 『頭もシャープじゃないとダメじゃない?』(暗にあんたは頭がシャープだとおだてる)
 「そうそう」(得意そう)
 『いいな~。日本なんか会社にいると60歳でやめさせられて、することない人がいっぱいいるんだよ』

こんな調子で、和気あいあい(こちらは低姿勢でいなければならないからそういう雰囲気に持っていく)に会話が進んで、彼が「じゃー。銀行に行って20日以内に罰金払っといてね。もし忘れても何回も督促状が行くから大丈夫だよ」と言って分かれました。
 捕まったのは悔しかったけど、「そういえば今日は英語で会話してなかったけど面白い会話をしたな」とか「こちらはdayを”デイ”と言って彼は”ダイ”と言ってたけど僕の発音を理解したし、ゆっくり喋ってくれたし、国際免許証を見せたらすぐに“ああ、国際免許か”と分かったのはあやつ相当日本人を捕まえ慣れてるな」などと思いもし、「80ドルはきれいな景色を見せてもらった料金と考えよう」と自己弁護しながら制限速度を厳格に守って帰りました。
 この国で日本人はスピード違反でよく捕まるそうです。1年間いると4回くらい捕まるという話もあります。覆面パトカーはいるし、分からないところに速度検知器(オービス)はあるし、くわばらくわばら。
 アーサーズ・パスの写真は別項で。(2010/10/24)

*6ヶ月のビジター・ビザで来ているときは渡航目的をホリデー(休暇)だと言わなければならないのはあとで知りました。観光だとか旅行だというと何で6ヶ月も滞在するのだと怪しまれます。観光や旅行は3ヶ月以内の観光ビザの範疇に入るようです。大使館や入国審査で渡航目的をしつこく聞かれたのはホリデーと申告しなかったからのようです。



三連休には気をつけよう 後の祭り
後になってインターネットで分かったことですが、私が捕まったのは10月23日で翌日の月曜は Labor day (日本の勤労感謝の日にあたる)で休日、すなわち三連休の真ん中の日でした。
 車を走らせているとき所々に「長い休日だから警察が多く出ている」という看板が出ていました。パトカーがたくさんいるのだろうとパトカーには注意していたのですが、まさか覆面パトカーがいるとは気づきませんでした。この連休に限って警察は4キロオーバーから捕まえることになっていたそうです(通常は10キロオーバーで捕まえるらしい)。そのことは事情通は知っていることで、外国人は何も知らずかなり捕まったでしょう。これからニュージーランドに来ようとする方は三連休には気をつけてください。
 しかし4キロオーバーで捕まえるなんて速度検知器の誤差範囲じゃないかなぁ。
[PR]
by tochimembow | 2010-10-24 18:27 | 車のこと
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30