人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

アドレナリンの森? Spencer Park

クライストチャーチの北に海に沿ってスペンサー・パーク Spencer Park という広い公園があります。今日はここに行ったのですが、初めてなのに迷わず着いて「ワシも賢くなってきたのう」と思いながら、ゲートに行くと北側にAdrenalin Forestという看板があります。
e0207997_1503124.jpg

「アドレナリンの森?」 はて、どういう意味だろうと入ってみたら、フィールド・アスレチックでした。
e0207997_1444726.jpg

(Adrenalin ForestのHPより)
http://www.adrenalin-forest.co.nz/pathways-adrenalin-forest-christchurch
日本のフィールド・アスレチックよりはかなり過激な道具を使うようで私のようなロートルには無理です。なるほどこれならアドレナリンが分泌されるなと合点して、スペンサー公園を歩き始めました。

ここは広大な松林の中を歩くもので、宮崎のシーガイアと市民の森の間にある阿波岐原の様な感じですが、それの何倍もあります。あらかじめ地図を持ってきましたが、地図に番号が振ってあるので何かと思ったらオリエンテーリングをするときのポイントでした。
e0207997_17323126.jpg

どこも同じような景色で、30分ほど歩いていたら自分がどこにいるのか分からなくなってしまいました。オリエンテーリングのポイント標も見当たりません。もとに戻ろうにも松葉に覆われた道なので、戻る道が分かりません。ときどきマウンテンバイクで走り去っていく若者がいましたが、道に迷った頃は誰も見かけず、日も暮れかかって「困ったな」と思いながらさらに15分くらい歩いて海岸に出たら、車が停めてあって若いカップルがちょうどサーフィンから帰ってきました。藁をも掴むの気持ちで「今、僕はどこにいるんだろう?」と聞くと、向こうも地図を見て見当がつかないらしく、「車はどこに停めた?」と聞くので、「ここ、ここ」と言うと「よし、車に乗れ」と言って駐車場まで連れて行ってくれました。別れるときに「大変ご親切に、ありがとう」と言ったとき、女の子の顔に「公園の中で迷うなんてバカじゃない」という表情がありありと浮かんでいました。
 あとで調べたら、オリエンテーリングの範囲外に出ていたため、地図にはない場所にいたようです。ずいぶん歩いたと思いましたが、私が歩いた範囲は公園全体の1/5ほどだけでした。Googleマップで見ると東西3km、南北4kmくらいはあるようです。
 今日は初めて車で道に迷わず目的地に行き着いたのですが、歩きながら迷うとは恥ずかしい限りです。この次は場所をしっかり確認しながら歩こうと思いましたが、それにしてもこの公園はあまりにバカでかい。最後はアドレナリンがちょっと出てきたな。 (2010/10/26)
[PR]
by tochimembow | 2010-10-26 18:11 | ウオーキング
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30