人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

南島北端の旅 3.クイーン・シャーロット Queen Charlotte

旅行3日目はピクトン周辺です。私は前回もクイーン・シャーロット・トラックを歩きました(前回のレポート)が、妻は初めてなので、もう一度同じコースを歩きました。

今回はピクトンから別の会社の水上タクシー Cougar Line でレゾリューション・ベイ Resolution Bay まで連れていってもらいました。前回下りたシップ・コーブ Ship Cove よりは歩く距離が少し短くなります。
e0207997_17171875.jpg

上陸するとすぐに羊が歓迎に現れました。
e0207997_17153897.jpg


この日も絶好の天気のため美しい海を見ることができました。
e0207997_17194682.jpg

1ヶ月前はマヌカの花が咲いていましたが、この時期は写真のような白い花が咲いていました。
e0207997_1827574.jpg

ランチを食べているとウエカが2羽出てきて回りをぐるぐる歩き回っています。エサを与えることは御法度です。
e0207997_18302160.jpg

3時間ほど歩くとピックアップの船が来る Furneaux Lodge の波止場が見えてきました。
e0207997_18315572.jpg

今回は行きも帰りも水上タクシーからイルカの群れをたっぷり見ることができました。
e0207997_18331768.jpg

10頭ほどいて、船がスピードを下げると船の前や後ろについてジャンプしたり、潜ったりして愛嬌を振りまいています。船長さんに聞くと、どこでイルカが現れるかは予想つかないそうで、天候によっては出てこないときもあるそうです。船長さんは双眼鏡でペンギンを探していましたが、残念ながらこの日はペンギン君のお出ましはありませんでした。
e0207997_18362658.jpg

ピクトン港に戻ったのは4時半頃でした。夕食後、モーテルを経営しているご夫婦と1おしゃべりして、気がついたら10時半を過ぎていました。
(2011/2/15)
[PR]
by tochimembow | 2011-02-18 18:43 | 国立公園とその周辺
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30