人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

ウエリントンからタウポ湖畔へ from Wellington to Lake Taupo

クライストチャーチ大地震から一夜明けた早朝クライストチャーチ空港に行くと午前7時にターミナルがオープンしました。国際線は飛んでいないようです。ウエリントン行きは1時間遅れで出発しました。ウエリントン Wellington はニュージーランドの首都ですが、人口はクライストチャーチの半分約19万人です。道路はクライストチャーチより整備されていて、交通量はクライストチャーチより多いように思います。市の面積がそれほど大きくないのとウエリントン市周辺の町に住む人が多いのではないでしょうか。

1号線を約3時間半走るとトンガリロ国立公園に入り国立公園で最高峰のルアペフ山 Mt. Ruapehu (2797m)が見えてきました。右には富士山のような形をしたナウルホエ山 Mt. Ngauruhoe (2291m)が見えます。トンガリロ山 Mt. Tongariro (1967m)はナウルホエ山の真後ろにあるので見えませんが、これらの山は活火山で、いずれの山も1980年以降でも噴火しているので登山には注意が必要です。この一帯の山は世界自然遺産に登録されています。
e0207997_7344444.jpg

もう少し車を進め、トゥキノ・マウンテン・ロード Tukino Mountain Road から見たルアペフ山の写真です。高いだけに雪があり、荒々しい姿を見せています。
e0207997_7355283.jpg

ナウルホエ山は今は雪がありませんが、雪をかぶった写真を見ると本当に富士山そっくりです。
e0207997_8251050.jpg

この日の宿泊地トゥランギはそこからすぐです。タウポ湖畔で一番大きな町はタウポですが、翌日トンガリロ国立公園に行くのに便利なトゥランギに宿を取りました。夕暮れ時のトゥランギの町です。
e0207997_73752100.jpg


泊まったのはクリール・ロッジ Creel Lodge というモーテルですが、オーナーのおばさんがいつもニコニコして親切でとても感じのよい女性でした。部屋もきれいで広い居間と寝室があり、その間にキッチンとバスルームがあります。Wi-Fiの電波が弱いのでベランダのテーブルでインターネットにつなぎました。きれいな庭があり、別荘にいるような気分でした。
e0207997_7394679.jpg

(2011/2/23)
[PR]
by tochimembow | 2011-03-04 07:39 | 国立公園とその周辺
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31