人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

タイエリ渓谷鉄道 (ダニーデンの旅3) Taieri Gorge Railway

ダニーデン方面への旅行最後の日、「ダニーデン点描(ダニーデンへの旅3)」でご紹介したきれいなダニーデン駅からタイエリ渓谷鉄道 Taieri Gorge Railway に乗ってプケランギ Pukerangi までの往復ツアーに参加しました。

20世紀初頭、ダニーデンからクロムウエル Cromwell まで235km延びる鉄道があり、オタゴ地方の産業に多大の貢献を果たしていました。1980年、この路線の途中にダムを建設するため、鉄道の一部が撤去され、1990年に路線廃止となりました。そのときダニーデン市は一部を観光鉄道として再使用することを決めて寄付を募り、寄金によってミドルマーチまでの77kmがタイエリ渓谷鉄道として再スタートしました。

日によって時刻表が異なりますが、この日は9時30分にダニーデンを出発して、プケランギまで行き、小休憩のあと11時45分に引き返して13時30分にダニーデンに戻ってくるスケジュールとなっていました。プケランギまでは58kmあります。
e0207997_634938.jpg

客車両は6両(1両は食堂車)あり、一両に約35人分の座席があります。この日はほぼ満員でした。
e0207997_6365141.jpg

トンネルをいくつかくぐるとタイエリ渓谷に入って行きます。
e0207997_6382598.jpg

案内書には写真を撮るべきポイントが5ヶ所書いてありますが、途中ヒンドン Hindon というところで止まって休憩をします。
e0207997_640536.jpg

渓谷全体が俯瞰できるところです。
折り返し点のプケランギに着くと、列車の最後尾に機関車を接続して、逆向きに走る準備をしました。
e0207997_6425399.jpg

座席指定のため同じ側の景色を行き帰り二度見ることになりますが、席を入れ替えて帰路は反対側の景色が見えるように工夫すればいいのになと思いました。

これまでニュージーランド国内のあちこちを旅行して回ったので、渓谷自体は感動するほどの景色ではありませんでした。しかしのんびりと列車に揺られていくのも乙なものです。乗っているのはほとんど外国人観光客です。思えば日本にはこれ以上の素晴らしい鉄道風景がたくさんあります。そういうところをどんどん路線廃止していますが、こういう形にリニューアルして多くの人が美しい風景を楽しめるようにすることを考えるべきではないでしょうか。それとも観光収入など微々たるものだから合理化重点でよいということなのでしょうか。
(2011/3/2)
[PR]
by tochimembow | 2011-03-06 06:50 | クライストチャーチ以外の都市
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31