人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

グレート・スモーキー・マウンテンを歩く3 Little Brier Gap Trail

我々パーティにはアメリカ人が3人もいるのに、毎朝私に「今日はどこに行くんだ?」と聞いてきます。彼らはこの国立公園に二、三度来たことがあるのだから、いいところを紹介するのは自分達で、不案内な外国人に聞くなよと思うのですが、仕方なくパンフレットで調べて「古い建物を見ながら歩くリトル・ブライア・ギャップ・トレイル Little Brier Gap Trail は歩く距離は短いし、高度差もないからどうだい?」と言うと、「OK, そこにしよう」と二つ返事です。

Sugarland ビジターセンターからほどなく行くとリトル・グリーンブライア・スクール Little Greenbrier School という古い学校に出ました。
e0207997_23295975.jpg

小屋のような建物ですが、中には50人ほどが座れる机と古びた黒板があります。もちろん、今はこの辺りに住む人はいないし、この学校で授業はできませんが、子供たちに昔はどんな学校で勉強していたかを学ばせるために、ときどきここで模擬授業をやっているようです。

そこに車を置いて歩き始めましたが、紅葉の混じった林がきれいです。
e0207997_20254385.jpg

e0207997_2332216.jpg

いろいろな秋の花が咲いていました。
e0207997_23401368.jpg

歩いているうちにぽつぽつ雨が落ちてきました。Laurel Fallsに行く道の分岐点まで来て、雨になる恐れがあるので引き返すことにしました。帰りがけにウォーカー・シスターズ・キャビン Walker Sisters Cabin という所に寄りました。
e0207997_20185697.jpg

これは170年前に建った家で、4人姉妹が結婚もせずに住んでいて、世の中が近代化していく中でも彼らは古い生活スタイルを変えず、羊を飼って、綿花を栽培していたと書かれた本があります。

Little Greenbrier School, Walker Sisters CabinともにWikipediaにちゃんと記事が載っているアメリカではよく知られた史跡のようです。

グレート・スモーキー・マウンテンは自然だけでなく、昔の人々の暮らしぶりも垣間見えて、なつかしさを呼び起こすような国立公園です。(2011/9/
[PR]
by tochimembow | 2011-09-27 20:29 | アメリカの旅
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30