人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

スイスを旅する(4) アルプス大観望

グリンデルワルトに3泊して、今日はジュネーブに戻る日です。今朝も昨日同様快晴でした。午前中一杯はグリンデルワルトで遊べるので、フィルスト(2,171メートル)までロープウェイで登って、そこから山上湖バッハアルプゼー(2,265メートル)までハイキングをすることにしました。

5年前はゴンドラを乗り換えながらフィルストまで行きましたが、今は乗り換えなしでフィルストまで行けます。
e0207997_4341663.jpg

フィルスト駅を降りるとベッターホルン、シュレックホルン、アイガー、ユングフラウが連なって素晴らしい景色を見ることができます。前回は曇って、小雪がちらついていたため、こんな見事な景色が見えるとは思いませんでした。
e0207997_4354377.jpg

(写真はフィルスト駅の上から見たシュレックホルン、アイガー、後に見えるのがユングフラウ)
e0207997_43841100.jpg

フィルストから大勢の人がバッハアルプゼーを目指して歩いています。バッハアルプゼーまではゆっくり歩いて約1時間、最初の15分ほどが緩やかな上りであとはほぼ平坦です。コースのどこからでもベルナーオーバーランド・アルプスの山々がずらりと並んで見えます。ここはグリンデルワルトを基地としてハイキングをする人の中で、最も人気があるコースです。
e0207997_4395070.jpg

4つの峰が並んでいますがシュレックホルン(4078メートル)が一番美しい姿を見せています。
e0207997_4421362.jpg

一昨日、登山電車で上ったアイガー(左)とユングフラウ(右)が並んでいます。
e0207997_4512590.jpg

景色を楽しみながらバッハアルプゼーに着きました。小さな池が二つありますが、池だけだったら特にきれいというわけではありません。しかし、雪をかぶった山々を背景とするため、息を飲むような絶景です。池に映ったアルプスの山も一興です。
e0207997_44475.jpg

名残は惜しかったのですが、しばし景観を楽しんでロープウェイ駅に戻り、グリンデルワルトに戻りました。写真はフィルストから見下ろしたグリンデルワルトの村です。
e0207997_4574453.jpg

インターラーケン、ベルンを経由し、今回は何のトラブルもなく、約3時間かけて午後5時頃にジュネーブに着きました。

今日からはホテル・ダレーブ (Hotel d'Alleves) に2泊です。新しく、典型的なヨーロッパ風の可愛いホテルです。夕食はジュネーブの繁華街にある北アフリカ料理(チュニジア、モロッコ、アルジェリア)のレストランで食べました。クスクスとタジンを注文しました。
e0207997_5114392.jpg

真ん中にある鉢に入った粉状のものがクスクスで、小麦粉を粒状にしたものです。それを皿に取ってスープ、煮込んだ肉や野菜をかけて食べます。奥がタジンで、日本でも最近はタジン鍋がはやってきていますね。土鍋にとんがり帽子のような蓋をかぶせて、肉や野菜を蒸したものを食べます。どちらも結構美味しいものでした。
(9月8日)
[PR]
by tochimembow | 2012-09-09 04:57 | スイス旅行
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30