人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

ロトルア付近 ワイ・オ・タプ・サーマル・ワンダーランドとマンガヌイ渓谷

ニュージーランド北島3日目。このモーテルは朝食をルームサービスで運んでくれます。
e0207997_1645260.jpg
タウランガのB&Bに比べるとシンプルだけど、朝食として必要なものは揃っています。

ワイ・オ・タプ・サーマル・ワンダーランド Wai-O-Tapu Thermal Wonderland
 今日の予定はまず、ワイ・オ・タプ・サーマル・ワンダーランド Wai-O-Tapu Thermal Wonderlandに行くことです。地熱地帯特有の変わった景色が売りです。朝、10時頃につくと、駐車場の整理員が別の駐車場に行くよう指示していました。誘導された駐車場のそばに Lady Knox Geyser(レディ・ノックス間欠泉)がありました。白く盛り上がった噴気孔があり、その周りにベンチが並んでいます。10時15分になるとガイドのおじさんが出てきて、説明を始めました。そして噴気孔の中に洗剤を入れました。
e0207997_1616247.jpg

e0207997_16192432.jpg

ちょうど10時半になると噴気孔から泡が噴き出し、やがて20メートルほどの高さまで噴煙が上がりました。
e0207997_16201946.jpg
皆、拍手喝采です。
 しかし、国立公園で自然のものの中に洗剤を入れるなんて、許されるのだろうか?と疑問が湧きました。あとで、グーグルで調べたら、これは洗剤を入れることで噴出を促している人工間欠泉だそうです。噴出口そのものは本物だと思いますが。
 そのショーが終わると全員、車で1.5キロ離れたワイ・オ・タプ駐車場に車を移動しました。ワイ・オ・タプでもらったパンフレットを見ても先ほどの間欠泉のことは何も書いてありません。ワイ・オ・タプは全コースを回ると1時間半かかりますが、あちこちで温泉が湧いています。別府の地獄めぐりを何倍かに大きくしたような所です。
e0207997_16301593.jpg
写真はよく出てくるプリムローズ・テラスで真ん中に歩道があります。
e0207997_1633810.jpg
(オパール・プール)
e0207997_16404641.jpg
(悪魔の浴槽Devil's Bath)
なかなか見られないたくさんの温泉を堪能して、お昼になったので、次は近くにあるワイマング渓谷に行きました。

ワイマング渓谷 Waimangu Volcanic Valley
ワイマング渓谷はワイ・オ・タプから車で10分ほどの所にあり、やはり地熱地帯です。ここは森の中に池がいくつかあり、池から噴気しています。最初の池はエメラルド湖で、赤い浮草が水面を覆っています。季節によって水面に生息する植物が変わり、湖面が青、赤、エメラルド色に変わるそうです。
e0207997_17223989.jpg

川に沿って歩きますが、川のあちこちで蒸気が噴き出しています。歩道の地面に手を触れると暖かいです。
e0207997_17264061.jpg

インフェルノ・クレーターは水がミルキーブルーです。この池の色が一番きれいでした。こんな水の色は見たことがありません。
e0207997_17271177.jpg

ワイ・オ・タプとは異なる趣があり、森や池の散策を楽しむことができました。(2015.2.24)
[PR]
by tochimembow | 2015-02-24 16:18 | ニュージーランド再び
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30