人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

ガルフ・ハーバーとカワウ島 Gulf Harbour & Kawau Island

ニュージーランド北島旅行最後の宿はオークランドの北方、ガルフ・ハーバーという小さな町にあるClear View B&Bです。なぜここを選んだかというと、ここの港から野鳥の天国といわれるティリティリ・マタンギ島に行く船が出るからです。
B&Bは半島の高い位置にあるため、両側に海を見ることができます。
e0207997_2224292.jpg
写真で水平線に浮かぶ平らな島はランギトト島で、ここもエクスカーションの候補です。
部屋は小さいけれど、しゃれた感じになっています。右の写真はバスルームですが、なかなかラブリーでしょう。
e0207997_2220912.jpg

宿のオーナー、シェリーさんは、快活な人で、翌日の計画にいろいろアドバイスしてくれました。ティリティリ・マタンギ島へのフェリーは多分予約でいっぱいだよと言われ、インターネットで確かめたらやはりだめでした。ランギトト島はどうかと聞いたら、あそこは行ってもつまらないと言われ、この近くでその他に「地球の歩き方」に載っているのはワイヘキ島だけど、リゾート地でなんとなく俗っぽいものを感じて気乗りしなかったら、シェリーさんがカワウ島を勧めてくれました。ここからさらに北に50キロほど行って、フェリーで渡る島だそうです。フェリー会社に電話をかけたら、空いているとのことで予約しました。

夜はガルフ・ハーバーにあるレストランでシーフードを食べました。
e0207997_22293848.jpg
結局、レストランで夕食を採ったのは、ニュージーランドに着いた日と最後の日だけでした。
このB&Bは眺めがよく遠くオークランドの夜景が見えました。
e0207997_22325918.jpg


翌日、約45分かけてSandspitという港町へ行き、そこからフェリーでカワウ島まで約1時間です。
e0207997_22362881.jpg

島の港には昔のイギリス総領事の別荘だったマンションがありますが、特に興味を引くものではありません。
e0207997_22391068.jpg

そこからハイキング道を歩いて行くときれいな海が次々に広がります。
e0207997_22403540.jpg

e0207997_22481536.jpg

海に面して、昔の銅鉱の跡がありました。
e0207997_22405987.jpg

帰りはレッドウッド(redwood セコイア)とシダの林の道を戻りました。何とこの島にはワラビーが住んでいます。誰かがオーストラリアから連れてきて放し飼いにしたものが野生化したらしいのですが、ニュージーランドにとっては迷惑なことです。ワラビー生息地には柵があって、その中に入るにはゲートのロックを外さなければならないのですが、それはワラビーを保護しているというよりこれ以上増えないようにしているためと思われます。そして孔雀がいます。写真の普通の孔雀以外に白孔雀もいました。どちらも平気で人に近づいてきて、食べ物をくれないかと狙っています。
e0207997_8582398.jpg

ティリティリ・マタンギ島には行けませんでしたが、この島でも美しい鳥の声を聞くことができました。ただし、鳥の姿はなかなか見えません。よく見るのは写真右のウェカ weka です。かなり図々しく人に近づいてきます。
e0207997_2244898.jpg

ニュージーランド最後の日に、美しい海を堪能しました。(2015.3.1)
[PR]
by tochimembow | 2015-03-03 22:47 | ニュージーランド再び
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31