人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

ベトナム紀行 4.ホーチミンに入る

11月30日(木)

フエからホーチミンへは30日にヴェトジェット航空で移動しました。しかし、その2日前にチケットを斡旋した会社(Expedia)からメールで運航便が変更になったから午前7~12時に会社(日本)に電話してくれと緊急連絡がありました。電話すべき日は天国の洞窟ツアーでしたから出発前に事情を聞かなければならず、朝5時(日本時間午前7時)に電話をすると、中国人らしい女性が応対に出て、予定していた便が欠航になった、ベトジェットの16時50分発なら空きがあると言います。ホーチミンで人に会う約束だから何とか他の航空会社でいいからもっと早い便のチケットをとってくれと頼んだのですが、要領を得ず、こちらの希望が通りません。ともかくもっと早い便をとって連絡をくれと言って電話を切りました。ツアーから帰った時間ではサポートデスクに電話が通じません。どうなっているか分からないまま、翌日の早朝になって16時50分発に変更したという自動メールが来ました。細かい要望を理解できない外国人を相談窓口に置いているなんてどういう会社だと思いました。

そういういきさつがあり、飛行機まで時間が空いたので、ホテルの隣りにあるスーパー(Big C Market)に行ってみました。小さなモールとなっており、フードコートもあります。
e0207997_10150332.jpg
e0207997_10153456.jpg
値段が見えるでしょうか?うなぎも売っていました。
飛行機が夕方になったので、ホテルに交渉したら、追加料金なしでレイトチェックアウトを認めてくれました。昼はホテルのレストランに行くと、カツカレーがメニューにあったので、それを注文しました。残念ながらカツがうまくなく、はずれでした。
e0207997_10183399.jpg
16時50分発のつもりで空港に行ったら、機材到着遅れのため出発が45分遅れました。ホーチミンのタンソンニャット空港に着いたら、今度は荷物が出てくるのに30分以上かかり、妻のいとこに会うのがすっかり遅くなってしまいました。LCCは人手がないため一人で荷物をベルトコンベヤに載せているようです。格安航空は今後絶対乗らないぞと心に誓いました。

妻のいとこはホーチミンでJICAの関係で地下鉄建設に携わっています。もう10年以上ホーチミンに居住しています。久しぶりに日本食を食べたいだろうとリトル東京(レタントン通り)というところに連れて行ってもらいました、
e0207997_11340966.jpg
ここは狭いところに日本の居酒屋、蕎麦屋、焼き鳥屋、寿司屋などがぎっしり集まっています。中には超ミニスカートの女性が呼び込みをしている怪しげな店もあり、新宿の歌舞伎町裏通りを連想します。時津洋という店で和食を食べ、久しぶりに焼酎をあおりました。
e0207997_11345423.jpg
ベトナム料理はヘルシーですが、さすがに5日も続くと飽きるし、胃が疲れてきていたので、ここで和食はいいタイミングでした。

ベトナム旅行のTips 4 ベトナム国内の移動
ベトナムで一番大きい航空会社はベトナム航空(Vietnam Airline)で、ベトジェットやジェットスターはLCCです。気をつけてもらいたいことはベトナムの国内便は乗客が少ないと、欠航にして、次の便に回すのが通例になっているそうです。ベトナム航空ですらやっています。次の予定があるときは早めの便を予約しておく必要があります。鉄道はすごく時間がかかります。ハノイからホーチミンまでは鉄道で36時間と聞きました。高速道路はありますが、一般道との交差点があったり、バイクが頻繁に走っていますから、あまり高速では走れません。ちなみに一部にETC(VETC)もありますが、利用している車は少ないようです。


[PR]
by tochimembow | 2017-12-08 11:56 | ベトナム紀行
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30