人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

ベトナム紀行 6.ホーチミン市内観光

12月2日(土)

ベトナムでの滞在は8日目となり、今日の深夜の便で帰ります。三都市を巡って、ややくたびれ気味で、午後1時までレイトチェックアウトにしてホテルで休み、午後からのツアーに出かけることにしました。その間、ドンコイ通りを散策しました。

e0207997_23363271.jpg
ドンコイ通りはマジェスティックホテル(上の写真)から北へ延びる通りです。ブランドショップやレストランが建ち並ぶ、ホーチミンの銀座と言うべきところです。
e0207997_23331089.jpg
ドンコイ通りのほぼ真ん中にあるのが市民劇場(オペラハウス)です。1897年にフランス人が設計して、建てられた劇場です。
e0207997_23332555.jpg
午後1時半に迎えが来て、見ると、参加者はまたしても私一人です。あまりたくさんは回りたくないので、戦争証跡博物館、統一会堂(旧大統領府)、サイゴン大教会、中央郵便局だけにしてくれと頼みました。まず戦争証跡博物館です。
e0207997_23182427.jpg
上の写真は博物館の庭にあるベトナム戦争で使われた米軍ヘリコプターのレプリカです。下はベトナム人民軍の戦車のレプリカです。ソ連製だったようです。
e0207997_23172677.jpg
館内は写真の展示が多く、ベトナム戦争時の各国の報道記事(日本のものが最も多かった)、世界各地での反戦デモの写真、枯葉剤の犠牲となった人々の写真などが展示されています。私は、若い頃はベトナム戦争の経緯に大変関心があり、毎日テレビや新聞記事をむさぼるように見ていたので、古い記事は懐かしく思いました。
e0207997_23170877.jpg
特に印象に残ったのは枯葉剤による被害者たちの写真でした。枯葉剤(ダイオキシンが主)は、森林に隠れている解放戦線兵士や北ベトナム軍兵士を見つけて攻撃するためアメリカ軍が空から散布したもので、400万人のベトナム人に降りそそぎ、100万人に何らかの障害が出たと言われています。その影響は3世代にわたって残り、さまざま身体障害(奇形持が多く出生した)、精神障害が出ました。目をおおうばかりの写真が並んでいますが、これがまさに戦争犯罪の現実であることを世界の人々は知らなければなりません。下半身がつながった結合双生児であるベトちゃん、ドクちゃんは日本人医師も参加して分離手術が行なわれ、日本でも大きなニュースとなりました。ベトちゃんは26歳で亡くなりましたが、ドクちゃんは順調に成長し、双子の子供をもうけました。東日本大震災のあと東北を訪れ、被災者を励ましたり、今年、ベトナムを訪問した天皇・皇后夫妻と面会しています。

次は統一会堂を訪れました。
e0207997_23181294.jpg
ここは南ベトナム政府の大統領府となっていました。1975年4月30日、この建物の前(噴水の向こう)にある大通りから、北ベトナム軍・解放戦線軍が入って、サイゴンが陥落しました。この建物内を細かく案内されましたが、ホーチミンは蒸し暑く、ここは冷房がないため早く退散したくなりました。
e0207997_11493886.jpg
統一会堂から見たビジネス街です。細長いビルがホーチミンで一番高いビル(ビテクスコ・フィナンシャルタワー、68階、266メートル)です。現在、80階以上のもっと高いビルを建設中だそうです。
e0207997_23175477.jpg
次に行ったのが中央郵便局です。なぜ郵便局が観光地なのかわからなかったのですが、パリのエッフェル塔を設計したエッフェルが鉄骨を設計し、フランス風の建物となっているため、観光地となっているようです。
e0207997_23183474.jpg
中にお土産屋がいくつもあります。
e0207997_23335736.jpg
中央郵便局の前にサイゴン大聖堂があります。
e0207997_12080406.jpg
ホーチミンのカトリック教徒が集まる中心となっています。修復中のためか中に入ることはできませんでした。

ティエンハウ寺もコースに入っていましたが、前日行ったので断って、ホテルに戻りました。飛行機まで時間があるので、最後にもう一度フォーを食べようとホテルの近くにあるPho 24という店に行きました。Pho 24はフォーのチェーン店で、ホーチミン市内に10数軒あるようです。おいしかった。
e0207997_12201881.jpg
e0207997_12232432.jpg
ハノイはジャンパーがないと寒いくらいでしたが、ホーチミンはとにかく暑く、湿度が高いため余計に暑苦しさを感じました。ホーチミンで一番涼しい時期はいつだと聞いたら「今だ」と答えていました。8月頃に来たらどんな暑さなのでしょう。

ベトナムを縦断して、満喫感がありました。アジアはこれまで中国、韓国、タイ、フィリピン、インドネシア(ジャワ島)を訪れましたが、今回のベトナム旅行が最も充実した旅でした。

ベトナム旅行のTips 5 タクシーの選び方
空港に着くとタクシーの客引きが大勢寄ってきます。「25万ドンでOK」などと安い料金を言ってきた場合は要注意です。その料金ですむことはないそうです。ハノイで信用できるタクシー会社はハノイタクシー、マイリン(Mai Linh)タクシー、ノイバイ(Noi Bai)タクシー、タクシーグループと聞きました。ホーチミンではヴィナサンタクシー(Vinasun)が圧倒的に多く、マイリンタクシーも信用できます。ただしヴィナサンタクシーの偽物があり、本当のヴィナサンタクシーは屋根やドアに38 27から始まる電話番号が表示されていますので、それを確認してください。タクシー会社名がなくTAXIとだけ表示していたり、メーターがついていないタクシーは乗らない方がいいでしょう。シクロ(人力車)は絶対乗るなと言われました。バイクタクシーも最初は1万ドンで行くと約束していて、回り道をして、2万ドンをふっかけたりするそうです。ベトナムのタクシー料金は日本の半額以下(ホーチミンの空港からホテルまで14万ドンくらい)ですから、市内交通手段としてはこれを使うのがよいと思います。

ベトナム旅行のTips 6 麺料理
ベトナムの麺料理は奥が深いです。いろいろな種類がありますので、詳細については下記のサイトを参考にしてください。

[PR]
by tochimembow | 2017-12-09 14:44 | ベトナム紀行
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31