人生漂流

frontback.exblog.jp ブログトップ

トホホホ

何度外国に行っても英語がうまくなったとは思えません。ここでスーパーの店員と話してもよくて半分くらいしか分かりません。英語を練習するには年寄りの人と話すのが一番いいようです。ゆっくり話すし、スラングも少ないからです。散歩しながら出会った老人に挨拶して"Lovely day"(いい日ですね)などと言って、言葉を返してきたら立ち話をすることがよくあります。半分くらいしか聞き取れませんが、耳の練習になります。
 今日はHorseshoe Lakeというところを歩こうと、近くのショッピングセンターに車を置いて歩いて行ったら場所が分かりません。通りかかったおばあさんにWhere is Horseshoe Lake?と聞いたら"I can’t understand.なんと言ってるか分からない"と言われました。繰り返し言っても通じず、Horseshoeだけを言ったら「あぁ、ホースシュー・ラークね」(ライクと言ったのかもしれない)と言われました。Lakeをレイクと言うと通じないのです。
 そこで教わった道を行くとフェンスに囲まれた公園があって、ゲートを開けて中に入り、犬を遊ばせている女性に今度は「ここはホースシュ-・ラークか?」と聞いたら一発で通じ、「ここはdog parkよ。Horseshoe Lakeは向こうのゲートを抜けたところよ」と答が返ってきました。フェンスに囲まれて、入るときにかんぬきを外して中に入る公園て変だなと思ったら犬の公園だったのです。
 オーストラリアやニュージーランドではMondayはマンデイではなく、マンダイと発音するように「a」の発音が違います。"See you later.(またね)"を「シー・ユー・ライター」と言っているのも聞きました。ただし皆がこういう発音をするわけではなく、クイーンズ・イングリッシュの発音をする人も相当います。(10月15日)

(ちょっとうんちくを)
マイフェアレディで主人公のイライザがRain in Spainを「ライン・イン・スパイン」と発音すると、ヒギンス教授が「それは教養のない人の発音だ。レイン・イン・スペインと発音しなさい」と直させる有名なシーンがあります。ちなみに原文(原作:バーナード・ショー)ではThe rain in Spain stays mainly in the plain.と見事に「a」を連ねています。「ai」や「ay」を「アイ」と発音するのはロンドンの下町で使われるコックニー英語ですが、これがオーストラリアやニュージーランドに伝わったのでしょう。また同じ劇にIn Hartford, Hereford and Hampshire hurricanes hardly ever happen.というせりふが出てきてHartfordを「アートフォード」、Herefordを「エレフォード」のように「h」を発音しないのもコックニー英語だそうで、ニュージーランドでも同じ発音かどうかを今度はよく聞いてみます。

(続きはこちら)
[PR]
# by tochimembow | 2010-10-16 11:47 | 英語苦労話

ニュージーランドと漂流

少年時代にもっとも感動した本はジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記」とデフォーの「ロビンソン・クルーソー」でした。もっとも原作の訳を読んだのではなく、少年少女文庫用に書き直された抄訳でしたが。ヘイエルダールのコンティキ号漂流実験にも感動しました。なぜ漂流ものに感動したかというと、孤島で世のしがらみから断ち切られて、自分の力だけで生きていく姿がかっこいいと思ったからでしょう。こういう人生が理想だと思うときもありました。
 成人になるにつれて当然そういう夢はなくなりました。40歳を過ぎて読んだゴールディングの「蝿の王」や吉村昭の「漂流」からは漂流とはもっと厳しく、むごたらしいもので、集団で漂流したときは醜いいさかいばかりが繰り返されるものだということを知りました。
 しかしニュージーランドに来てから、なぜ来たのかを自問自答すると、少年時代の夢がまだ潜在的に生きていたのかもしれないと思うようになりました。以前、アメリカに住むときやカナダに住むときに胸がワクワクしたのもそれがあったからかもしれません。定年退職したものが「外国生活をしたい」などとは日本に残る家族には大迷惑な話ですが、私の夢をなんとなく感じ取って送り出してくれた妻には感謝しています。
 Wikipediaで調べたら、「十五少年漂流記」の少年たちはニュージーランドから船出して、嵐に遭って、無人島に漂着したものでした。「ニュージーランドだったんだ!」と驚きましたが、それを読んだ頃からニュージーランドという国の名前がインプットされていたのでしょうね。

追伸:「十五少年漂流記」の原題は「二年間の休暇」といいます。私は「半年間の休暇」中です。
[PR]
# by tochimembow | 2010-10-15 06:38 | なぜNZへ

NZの物価

女性は家計のやりくりに毎日苦労されているので、NZの物価には関心があると思います。これまで買ったものからご紹介しましょう。15%の消費税を含めて、1ドル=65円で計算しています。

 牛乳1L 190円
 トマト1個 30円
 ハム200g 200円
 卵10個 250円
 カップラーメン1個 120円前後
 出前一丁(ラーメン) 85円
 ナス1本 200円
 キウイ1個 12~25円
 キュウリ1本 110円
 ジャガイモ500g 65円
 ブドウ500g 300円
 バナナ1本 20~25円
 紅茶ティーバッグ(トワイニング30袋) 240円
 ビール1本(330mL) 110円
 ティッシュペーパー1個 120円(枚数は日本の1.8倍)
 鮭の切り身200g 450円
 ハム200g 220円
 玉ネギ1個 25円
 ミネラルウオーター750mL 120円
 ハウス・ゴールデンカレー 370円

 ハイオク・ガソリン1L  123円

以下は韓国人が経営するアジア食料品店で買ったものです。
 米(ひとめぼれ)2kg 1220円
 納豆4個パック 322円
 ミツカン・ゆずぽん360mL 750円
 スライスされた豚肉1kg 1160円

ワインは1000円くらいのが結構おいしいです。食パンは大きさと厚さが日本とかなり違うので比較できませんが、1パック(一人で10日分くらいある)で150円くらいです。

どうですか?総じて食料品は日本よりかなり安いのではないでしょうか。キウイはさすがキウイの国だけあって激安です。日本から輸入したものは高いですね。米(ひとめぼれやあきたこまち)はアメリカからの輸入ですが、これも日本より高いです。安い米もありますが、どんな味がするか不安でちょっと買う気はしません。工業製品は日本の方が安いでしょう。

また新たに買ったものを追加していきます。
[PR]
# by tochimembow | 2010-10-14 16:43 | 暮らしの風景

クライストチャーチ

クライストチャーチはNZで2番目に大きい都市で、南島の中心です。2番目といっても1番のオークランドが122万の人口を有し、クライストチャーチが38万人ですから、そういばれるものではありません(ちなみにNZ全体で人口440万人)。宮崎市と同じくらいの人口です。
 最初、クライストチャーチを日本語にするとキリスト教会ですから、宗教と関係あるかと思いましたが、市の名前はイギリスのオックスフォード大学クライストチャーチ校から来ているそうです。(出典:Wikipedia)
 市の中心はCathedral(大聖堂)周辺で、これが町のシンボルとなっています。大聖堂と訳されていますが、ヨーロッパや北米の大聖堂に比べると「これだけ?」と思わせるほど小さいものです。家からここまで歩いて30分くらいなので、ここに行くときはたいてい歩きます。往復1万歩くらいなので、ちょうどいい運動です。
e0207997_9131390.jpg


この周辺は観光用に路面電車が走っています。通行人がいると止まってくれるようなのんびりした電車です。
e0207997_9151976.jpg


大聖堂周辺には有名ブランド店やレストランがありますが、規模は小さく10分も歩くと繁華街から出てしまいます。「イングランド以外でもっともイングランドらしい都市」と言われますが、クライストチャーチだけが目当ての観光に来ても面白くないでしょう。ここはあくまでアウトドアに出かけるための基地だと思います。
[PR]
# by tochimembow | 2010-10-14 09:25 | クライストチャーチと近郊
line

定年退職後、リフレッシュのためニュージーランドを半年間漂流しているうちクライストチャーチ大地震に遭遇。日本に戻ったら、またしても働くことに。 片雲の風にさそはれて漂泊の思ひやまず(芭蕉)


by tochimembow
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31